鳩対策、駆除のことなら鳩対策駆除なびにお任せ下さい!

フリーダイヤル 0120-949-461

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

スタッフ待機中

24時間365日、鳩駆除業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-461 携帯からのお問い合わせも可能!

鳩対策・駆除の厳選業者ご紹介はこちら

2013-7-2

ハト害の被害レベル

放っておくと大変なことになるハト害。ハト害をなくすにはハトの習性を知ることが重要です。ハト害の被害レベルを4段階に分けてみます。
1、移動中の羽休めとして明るい時間に短時間きます。この時点では糞による汚れや鳴き声の被害が中心です。ただこの段階で対策をしないと次の段階に進んでしまいます。
2、休憩鳩が安心できる場所と認知すると餌や仲間を待つ場所として定住し始めます。この段階から糞の量が増え、洗濯物などの汚れも起きるようになります。
3、待機鳩として安心したハトはねぐらとなる安全な場所として認知します。長時間滞在するので騒音被害、大量の糞の被害など大きな被害へと拡大します。
4、ねぐら鳩を放置すると、ほとんどの場合巣作り鳩に発展します。これは巣を作り、頻繁に繁殖をするハトが、時間をかけて安全な場所を選んでいるのですから仕方がありません。
一度安全な場所と認識したハトは、縄張り意識、帰巣本能によって簡単には出ていきません。また、長時間滞在するためレベル3と同様に大きな被害が発生するようになります。ハト害の被害レベル2以下の場合、比較的安くて簡単な対策が検討できますが、被害レベル3以上になると本格的なハト害の対策が必要になります。

バックナンバー