鳩対策、駆除のことなら鳩対策駆除なびにお任せ下さい!

フリーダイヤル 0120-949-461

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

スタッフ待機中

24時間365日、鳩駆除業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-461 携帯からのお問い合わせも可能!

鳩対策・駆除の厳選業者ご紹介はこちら

2015-11-27

狭い場所を好むのが鳩の性質です

鳩の性質の1つとして、狭い場所を好むというものがあります。 鳩は元々、切り立った岸壁などの岩の窪みに巣を作り生活していた鳥です。現代ではそういった環境がない都市部で、マンションやビルのベランダやバルコニーをそれに見立てて生活しています。適応力が高いので、都市部では鳩害対策がとられるほどの大問題になっています。 鳩がこうした環境を好むのは、単に先祖代々の修正というわけではなく、野鳥である鳩の生活の知恵とも言えるものです。 つまり、周囲を囲まれた狭い場所なら、敵がこちらを見つけにくく、なおかつ侵入しづらいというものです。 鳩の天敵である大型の猛禽類から身を守るためにこうした環境に適応したものと思われますが、その修正は、都市部にそうした大型の猛禽類がいない時でも発揮され、私達人間の生活圏に溶け込んでいきます。 ベランダやバルコニーはよく言われる鳩の巣の作られやすい場所ですが、まだ数カ所気を付けて置かなければいけない場所があります。 その1つとして、鉄骨と屋根の隙間があります。駅のホームやトタン屋根で作られた駐輪場や通路の屋根などに鳩が巣を作っているのを見たことはありませんか?鳩にとっては都合の良い巣の場所を提供しているようなものです。 こうした場所に鳩が侵入すると歩行者や駐輪されている自転車に糞が付いたりして迷惑ということで、鳩対策が行われます。

バックナンバー