鳩対策、駆除のことなら鳩対策駆除なびにお任せ下さい!

フリーダイヤル 0120-949-461

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

スタッフ待機中

24時間365日、鳩駆除業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-461 携帯からのお問い合わせも可能!

鳩対策・駆除の厳選業者ご紹介はこちら

2016-3-1

仕事の仲間であった鳩

鳩の被害でお困りの方は、年々多くなってきています。都市部であっても鳩を見かける理由として、鳩本来の生態が挙げられるでしょう。私達がよく見かける鳩は、元々ドバトと呼ばれている種類が先祖に当たり、ドバトは岩場での生活を行ってきていたのです。高層ビルが立ち並ぶビル群の多い都市部は、鳩にとっては天敵の少ない大きな岩場と認識しているため、その数をどんどん増やしているのです。そうしたドバトが伝書鳩として広く知れ渡り、日本に輸入されてきたことが日本の鳩の初まりです。当時はどの新聞社も連絡手段として素早い伝書鳩を利用し、多くの鳩が飛び交っていました。しかし、そうした伝書鳩は時折戻れなくなることがあったり、うまく躾られていなかったため逃げ出してしまう鳩も多く、その結果野生のイエバトと呼ばれる種類となっていきました。もともと人間が飼育をしていた鳩であったため、増えすぎた原因は野生化してしまった点にあると言えるのです。現代での鳩は糞害が多く、洗濯物を干していたところ糞を落とされてしまったという被害も多く挙げられます。そうした鳩の駆除としては、生き物であるため処分をすることにも様々な手続きが必要となってきます。鳩の駆除や対策を行える業者であれば、そうした経験はとても豊富となっているため、ご家庭の周りに鳩を寄せ付けなくしてくれることでしょう。元々共存をしていたために、鳩の処分は心苦しくなってしまいます。鳩の繁殖を手助けしてしまう餌を上げる行為を止めるだけでも、きっと効果はあるはずですよ。

バックナンバー