» 鳩を撃退するときの注意点 - 鳩対策駆除なび|鳩対策業者のご紹介&最大3社へ一括無料お見積り

フリーダイヤル 0120-949-461

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

スタッフ待機中

24時間365日、鳩駆除業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-461 携帯からのお問い合わせも可能!

鳩対策・駆除の厳選業者ご紹介はこちら

2013-7-2

鳩を撃退するときの注意点

鳩に関してお困りの方は、鳩を撃退するだけではなく、直接的な不都合の原因-たとえば、フンの処理を何もせずに見ているのを、まずは対処療法的に考えてみて、それでも解決方法に困ってしまう時に、鳩を撃退するという選択肢を選んでもいいでしょう。 あやまってあまりにも大量の鳩を撃退した場合、生態系によろしくない影響を与えてしまいます。鳩を撃退するのではなく、鳩を寄せつけない作戦を考える、または、鳩が同じ場所でフンができないような仕掛けをつくる、などです。また、鳩のフンで汚れているような状況では、乾いたフンを散らさないように注意です。また、フンの始末のときに、直接手で触らないでください。なぜなら、もし手で触れてしまった場合、鳩のフンに含まれるウイルスや菌が、人の体内に入り込むことにより悪い影響を与えるからです。 鳩をすぐ撃退するのではなく、まずは、できることをやってみることが大切です。防鳥ネットの設置なども撃退させるモノのひとつです。鳩を駆除しなくても、ノウハウで業者は、狭い場所やソーラーパネルの隙間などにも鳩を寄せつけない方法があります。困ったときは、まずは鳩対策駆除の業者に相談するのが一番です。鳩にも人にも害のない手段を取りましょう。

バックナンバー