» 鳩を寄り付かせない住まい環境 - 鳩対策駆除なび|鳩対策業者のご紹介&最大3社へ一括無料お見積り

フリーダイヤル 0120-949-461

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

スタッフ待機中

24時間365日、鳩駆除業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-461 携帯からのお問い合わせも可能!

鳩対策・駆除の厳選業者ご紹介はこちら

2016-6-2

鳩を寄り付かせない住まい環境

道端で多く見かける鳥類として、スズメやカラス、鳩を挙げることができます。カラスは私たちの生活から出たゴミ袋を漁ってしまうため、各地域のごみ収集所では対策が成されていることがほとんどです。同じような大きさの鳩は一見無害のように思えますが、それは被害に遭われたことのない方の意見に過ぎません。鳩の被害は糞によるものが多く、特に都市部では衛生面の低下、景観の低下が発生しています。公園や神社で特に見かけることが多い鳩は、ドバトと呼ばれる種類であり、先祖であるカワラバトの影響もあって、岩場のようなビル群に広く生息しています。都市部であればあるほど、天敵となる存在が少なくなってくるため、悠々と生活を行うことができるのです。そのため、マンションや住宅の屋根などに巣をつくり、直接的な被害も起こっています。洗濯物に糞を落とされる、車の窓に糞を落とされることはもちろん、巣を作られたことで鳴き声や羽音が気になるなどの被害です。このような被害を回避するためには、住宅に鳩が近づいた際に根気よく追い払うことが大切です。鳩は一度、巣を作っても問題はないか下見のためにやってきます。その際に安全であると判断した際に、巣を作り始めるのです。一度巣を作った鳩は、帰巣本能が激しいため、追い払うことは困難となってしまいます。鳩の駆除を行うためには、市区町村の許可を得なければならないため、容易に行うことはできません。そのため、鳩の姿を確認した際には、住宅のベランダの柵に止まれないよう棘のあるシートを設置することや、屋根の隙間に防護ネットを張るなどの対策を事前に行うことが適切です。

バックナンバー