» 忌避剤で鳩を遠ざける - 鳩対策駆除なび|鳩対策業者のご紹介&最大3社へ一括無料お見積り

フリーダイヤル 0120-949-461

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

スタッフ待機中

24時間365日、鳩駆除業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-461 携帯からのお問い合わせも可能!

鳩対策・駆除の厳選業者ご紹介はこちら

2016-8-25

忌避剤で鳩を遠ざける

可愛らしい鳩ですが、糞害や鳴き声の発生などに悩まされる場合には、鳩の対策を講じなければいけません。私たちより小さくて温厚な鳩ですが、その対策は思っているより簡単ではありません。鳩は鳥獣保護法によって保護されているため、むやみに傷つけたり、捕獲したりする事はできません。仮に鳥獣保護法の対象でなかったとしても、鳩は自分の居場所を奪われると感じると猛烈な反撃にでることがあります。そうなると鳩にケガを負わされたり、舞い上がったアレルゲンや病原菌を吸入してしまったりすることもあります。
鳩対策には、何より鳩を近づけないことが大切です。そこで役に立つのが忌避剤です。忌避剤とは、鳩の苦手な匂いや感触で鳩を遠ざける薬剤の事です。鳩を傷つけませんので、安心して使用することができます。忌避剤には大きく分けてスプレータイプ・固形タイプ・ジェルタイプの三種類があります。スプレータイプは最も手軽に利用できるもので、持続時間は短いですが定期的に散布する事で鳩の苦手な匂いを染み込ませる事ができます。固形タイプは効果が長期間にわたって持続しますが、匂いが風で飛ばされたり、雨水で溶けたりすることがあるので要注意です。ジェルタイプも持続期間が長く、さらに味覚・嗅覚・触覚の三つで鳩に不快感を与えるので、鳩が寄り付く場所がわかれば非常に効果的です。
しかし忌避剤は、あくまで被害のレベルが低い時点でしか効果がありません。例えば、巣を作っている鳩に対してあまり効果は見込めないでしょう。そうなりますと鳩対策の方法も変えなければいけませんので、忌避剤に限界を感じましたら鳩駆除業者の方にご相談ください。

バックナンバー