» 鳩の繁殖の理由 - 鳩対策駆除なび|鳩対策業者のご紹介&最大3社へ一括無料お見積り

フリーダイヤル 0120-949-461

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

スタッフ待機中

24時間365日、鳩駆除業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-461 携帯からのお問い合わせも可能!

鳩対策・駆除の厳選業者ご紹介はこちら

2016-11-10

鳩の繁殖の理由

鳩は公園や道端など色々なところでよく見かけます。鳩の糞や羽根には病原菌が含まれており、誤って口に入ることで感染することがあります。そういった理由もあり害獣として扱われていますが、過去はどうだったのでしょうか。そもそも鳩が害獣として扱われ始めたのは、急速にその数を増やしていったためです。急激な繁殖が鳩の数を増やし、鳩の住み着いた場所には大量の糞が撒き散らされます。健康被害はもちろん衛生的にもいい状態とはいえなくなり、害獣として駆除せざるを得なくなったのです。たしかに、鳩から感染する可能性のある感染症のなかには、死に至る可能性もある恐ろしい感染症もあります。しかし、そもそもそれほど個体数が増えなければ危険性も少なかったのではないでしょうか。では、なぜ鳩は急激な繁殖をしたのか、原因の1つは人間にあります。公園などで鳩に餌を与えている人を見かけます。一見、思いやりのある行動に見えますが、その行為こそが鳩の急激な繁殖と住み着く原因なのです。鳩は安全だと判断した場所に営巣し、住み着く習性があります。つまり、人間から餌が供給される場所は安全な場所と認識されるのです。さらに、鳩は栄養状態が良くなると一年中繁殖することが出来ます。本来、鳩は木の芽や種を食べており、それだけで十分生きていけるだけの栄養は確保しているのです。つまり、餌を上げることは鳩の栄養状態を必要以上に良くし、繁殖を促しているのです。これだけが、鳩の急激な繁殖の理由というわけではありませんが、良かれと思って餌を上げることは、鳩の生態系を崩すだけでなく、自分達へ被害を大きくすることにつながるのです。鳩が住み着いてしまったときは、餌を与えることはしないで、鳩駆除の業者に依頼して駆除してもらいましょう。

バックナンバー