» 忌避剤の種類と期待できる効果 - 鳩対策駆除なび|鳩対策業者のご紹介&最大3社へ一括無料お見積り

フリーダイヤル 0120-949-461

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

スタッフ待機中

24時間365日、鳩駆除業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-461 携帯からのお問い合わせも可能!

鳩対策・駆除の厳選業者ご紹介はこちら

2017-1-5

忌避剤の種類と期待できる効果

鳩の被害から身を守る方法の一つに忌避剤の仕様が上げられます。
忌避剤は、鳩が嫌がる匂いが入っている薬剤のことで、鳩が止まりそうな場所にあらかじめ湿布しておくと鳩が近づかなくなる事もあります。
効果を発揮すると非常に便利は鳩対策グッズですが、使い方が間違っていればうまく効果を発揮できませんので、タイプ別に簡単な特徴をまとめてみたいと思います。
■スプレー散布タイプ
スプレー型の薬剤はどこにでも吹き付けられるのが特徴です。しかし、効果時間は短いので鳩がくると予想される場所に前もって散布するような使い方が良いでしょう。

■固定タイプ
固形型の忌避剤を吊るしておくタイプです。固形が無くなるまでは臭いが広がっていますので、ベランダなどに鳩が近づきにくくなるでしょう。

■ジェルタイプ
ジェルタイプの忌避剤は非常に強い効果が期待できますが、人間の手が触れるところには濡れませんので使い所に悩むこともあるでしょう。

このように、忌避剤も種類によって使い方や効果が異なることがあります。その使い方が間違っていれば、うまく効果が発揮されないこともありますので、自分たちで使用するよりも鳩駆除のプロに任せたほうが良いと言えるでしょう。

バックナンバー