» 鳩と鳥獣保護法 - 鳩対策駆除なび|鳩対策業者のご紹介&最大3社へ一括無料お見積り

フリーダイヤル 0120-949-461

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

スタッフ待機中

24時間365日、鳩駆除業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-461 携帯からのお問い合わせも可能!

鳩対策・駆除の厳選業者ご紹介はこちら

2017-8-1

鳩と鳥獣保護法

ベランダや軒下に営巣した鳩が、大量の糞を落としたり羽根や食べ残しなどで、建築物を汚損させたりといったトラブルは毎年数多く報告される傾向があります。
害虫やネズミなどに比べて、鳩は駆除することが難しいと言われています。空を飛べる鳩の機動性の高さはもちろんのこと、人間から鳩への攻撃が法律で規制されている可能性があります。
街中に生息する鳩を始めとした野鳥に対しては、いかなる危害を加えることも鳥獣保護法で禁止されています。直接的な攻撃のみならず、例えば鳩を脅かす目的で箒を振り回すなどの威嚇行為に対しても、困難とされています。 ベランダに作られた巣を別の場所に移動させることはおろか、触れることさえ禁止されている可能性があり、既に住み着いてしまった鳩に対して個人でできる対策は非常に限られているのではないでしょうか。

鳩の扱いは、ヘタに追い出そうとすると自分が法律違反になってしまう恐れがあります。家に巣を作られてしまったら、個人で対処するよりも、法律を熟知した鳩駆除のプロに相談してみましょう。法律に触れることなく、平和的に鳩を避けられる解決策が見つかるかもしれません。

バックナンバー