» ベランダの鳩への対策!撃退法と予防策を紹介 - 鳩対策駆除なび|鳩対策業者のご紹介&最大3社へ一括無料お見積り

フリーダイヤル 0120-949-461

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

スタッフ待機中

24時間365日、鳩駆除業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-461 携帯からのお問い合わせも可能!

鳩対策・駆除の厳選業者ご紹介はこちら

2017-11-24

ベランダの鳩への対策!撃退法と予防策を紹介

ベランダの鳩への対策!撃退法と予防策を紹介

頻繁に鳩をベランダで見かけるようになったら、休憩場所として認識されてしまっているのかもしれません。そのまま対策を施さないと鳩がベランダに棲みついてしまい、洗濯物を干すことができなかったり、鳴き声や糞による悪臭に悩まされたりしてしまいます。

そして、鳩がベランダに棲みつくうえでもっともおそろしいデメリットは、病原菌から感染症を発症してしまうおそれがあるということです。鳩の体に付着したり排せつ物に混じったりすることで、病原菌を運びます。

人間が吸い込んでしまうとアレルギー症状を引き起こしたり肺炎になってしまったりと健康被害が起こります。そのため、対策グッズを使用して対処しましょう。

そこでこの記事では、鳩がベランダに棲みついてしまったときにおこなえる鳩対策グッズをご紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

鳩をベランダで見かけるようになったら危険信号!

鳩がベランダにいるときは、休憩場所に使われているかもしれません。しかし、この状況が長く続くことで棲みつかれてしまうおそれもあるのです。そのため、鳩をベランダでよく見かけるようになったら、早急に対処する必要があるのです。

ひとくちに鳩がベランダにいるといっても状況はさまざまです。前述のとおり休憩場所として使われているだけかもしれませんし、またはほかの鳩がくるのを待っていたり巣を作られていたりするかもしれません。ここからは、鳩がベランダにいる状況を簡単に説明していきます。

・鳩がベランダで休憩している 鳩が昼間にやってきたら、ベランダを休憩所として使用するためかもしれません。この場合は、長くベランダに滞在しているわけではないため糞や鳴き声による被害も最小といえます。

・仲間の鳩を待っている 鳩は集団で行動するため、仲間を待つ場所としてベランダを使用されるおそれがあります。この段階から、徐々に鳩がベランダに滞在する時間が長くなってしまいますので、対策を施す必要が出てきます。

・鳩がベランダをねぐらとして使用している 鳩の習性として、“安心した場所に棲みつく”というものがあります。そのため、鳩がベランダをねぐらとして使用するには、非常に安心感を得ている可能性があります。鳩はものに取り囲まれた狭い場所や、糞がたくさん落ちている場所に安心を感じますので、ねぐらにされないためにはベランダは常に清潔で物置にしないなどの工夫が必要です。

・鳩がベランダに巣を作っている ベランダをねぐらにした状況に適した対処を取らず放置することで、巣を作り、棲みついてしまいます。鳩は繁殖力が強いため、一度巣を作られてしまうと、どんどんとひなが生まれてしまい被害は広がるいっぽうです。また、鳩は帰巣本能も強いため、どれだけ離れたところへ飛んでいったとしても、またベランダへ帰ってくるのです。

鳩がベランダにいる状況を放置してしまうことによって、糞や鳴き声に悩まされるのはもちろんのこと最終的には巣を作り、棲みつかれてしまうということがわかりました。

さまざまな被害を受けるため、鳩をベランダで頻繁に見かけるようになったら、鳩対策グッズを使用して、棲みつかれないための対策をする必要があります。

次は鳩対策グッズについて見ていきますので、「鳩がベランダにいて困っている」という方はぜひご確認ください。

鳩をベランダで見かけたときの対策方法

鳩をベランダで見かけたときの対策方法

ここからは、鳩がベランダにいるというときに設置しておくと効果のある鳩対策グッズをご紹介していきます。忌避剤やテグス、剣山や鳥よけネットなど4種類のグッズをご紹介していきますので、「鳩対策をおこなおうかな」と検討されている方はぜひ参考にしてみてくださいね。それではさっそく見ていきましょう。

1.忌避剤

鳩をベランダに寄せ付けないためにおこなえる対策のひとつに、忌避剤があります。この忌避剤には、スプレータイプやジェルタイプ、固形タイプといった複数の種類が存在します。

鳩は、ハーブなどのニオイを嫌う習性があるため専用のスプレーを吹き付けたり、または固形タイプの忌避剤をベランダに吊るしたりして対策をおこないましょう。

ジェルタイプの場合はニオイのほかにも、感触で鳩を追いやることができます。鳩がジェルタイプの忌避剤の上にとまることで足元がべたつき、不快感を覚えます。そうすることでベランダに寄りつかないようにすることができるのです。

2.テグス

鳩がベランダの手すり部分によく留まられる場合は、テグスを設置してみるのもよいでしょう。鳩の胸部にテグスが触れて不快を感じ、留まりづらくする効果があります。

設置方法は、手すりの両端にテグスを張るための支柱を用意して、しっかりと固定させます。支柱を設置したら、テグスをくくりつけましょう。2本ほどテグスを張れば完了です。

3.剣山

鳩対策グッズで使用される剣山には、金属タイプと樹脂タイプがあります。針先の柔らかい樹脂タイプよりも、硬く鋭い金属タイプを使用した方が鳩の足元を刺激して寄りつくことをより防ぐことができます。

樹脂タイプは錆びないというメリットがありますが、雨風にさらされることにより劣化が早く進んでいってしまうため、やはり金属タイプがおすすめです。雨風にも耐えられるステンレス製の剣山もあるため、インターネット通販サイトやホームセンターなどで確認してみるとよいでしょう。

4.鳥よけネット

鳥よけネットはベランダに設置することによって、鳩はもちろん、鳩以外の鳥の侵入も防ぐことができるため万能な対策グッズといえるでしょう。ほかの対策グッズでは、鳩の侵入を防ぐことが確実にできるとは断言できませんが、鳥よけネットの場合は、侵入口を防ぐため、棲みつくどころか寄せ付けることもありません。

しかし、ネットであればどんなものでもよいというわけではありません。屋外に設置するため雨風に耐えられるもの、そして万が一くちばしで破ろうとしても破壊されないだけの耐久性が必要となります。そのため、鳥よけ専用のネットを設置するようにしましょう。

鳩よけグッズが効かないときもある?

鳩が棲みかとして認識している場合は、鳩よけグッズでは効果が得られないことがあります。そのため、ここでご紹介してきた4つの対策法を試してみても鳩に侵入されてしまうようなら、業者に相談してみましょう。

業者は、鳩の行動を知りつくしており、正しい知識で対策をおこなってもらえます。手に負えないと感じたら、業者に依頼してみることをおすすめします。

鳩に巣を作られたらどうすればよいの?

鳩がベランダに棲みつき巣を作られてしまった場合には、これ以上の被害を出さないためにもすばやく対処したいところです。しかし、鳩は法律により、勝手に駆除することが禁止されています。ここでは、鳩を守る法律について、また鳩がベランダに棲みついたときの対処法をご紹介していきますので参考にしてください。

・鳩を勝手に駆除するのはNG 鳩は、鳥獣保護法という法律で守られています。そのため、勝手に駆除をすることは固く禁止されているのです。万が一、鳩を駆除してしまったり、または巣を処分してしまったりした場合には、1年以下の懲役または100万円以下の罰金に科せられてしまうのです。

・巣を作られたら巣立つのを待つしかない 前述のとおり鳩は鳥獣保護法という法律で守られているため、勝手に駆除をしたり巣を廃棄したりすることができません。鳩にベランダへ巣を作られてしまった場合には、ひなが巣立つのを待つしかないのです。

・巣立った後の糞の掃除や対策はプロに任せよう! 鳩のひなが巣立っていったのを確認したら、今度はまた棲みつかれてしまわないように十分な掃除をおこなう必要があります。鳩がベランダからいなくなったら、業者に依頼して、掃除や対策をおこなってもらいましょう。

鳩がベランダにやってきて、最終的には巣を作り棲みついてしまうというのは、糞などがあることによって安心感が得られるためです。そのため、業者に作業を依頼するとまずは糞の清掃をきちんとおこなってもらいます。

そのあとに、消毒までおこなうことで糞による被害を受けずに済むのです。また、ベランダに再度鳩が棲みついてしまわないように、先ほどご紹介したような対策をとってもらえるのです。

まとめ

今回は、鳩がベランダに棲みついてしまったときの対処方法について紹介しました。鳩は徐々にベランダという居心地のよい場所に慣れていくため、早めの対処が肝心といえます。

しかし、鳩は鳥獣保護法という法律で守られているため、勝手に駆除をすることは許されません。「勝手に駆除をしてはいけないことはわかったが、早く被害をどうにかしたい……」

このような場合には、駆除の許可や資格を兼ね備えたプロに対策を依頼しましょう。弊社では、鳩の被害に悩むお客様からのお問い合わせに24時間対応可能です。そのため、被害に悩んだそのときに現状をスタッフにご相談ください。

どんなささいなことでも構いませんので、不安な点やご不明点などはお気軽にお問い合わせお待ちしております。

バックナンバー