» ベランダの鳥よけに効くものとは?おすすめグッズや気をつけたいこと - 鳩対策駆除なび|鳩対策業者のご紹介&最大3社へ一括無料お見積り

フリーダイヤル 0120-949-461

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

スタッフ待機中

24時間365日、鳩駆除業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-461 携帯からのお問い合わせも可能!

鳩対策・駆除の厳選業者ご紹介はこちら

2018-7-25

ベランダの鳥よけに効くものとは?おすすめグッズや気をつけたいこと

ベランダの鳥よけに効くものとは?おすすめグッズや気をつけたいこと

 

自宅のベランダに鳥が来て困っている!という方は多いかもしれません。ときには数匹の群れになってベランダを荒らしたり、ベランダや干している洗濯物にフンをするため、後始末が大変ということもありますよね。 今回は、そんなベランダを荒らす鳥の被害を少しでも軽減させるために、さまざまな鳥よけ方法や日ごろから意識すべきことをお伝えしていきます。 ぜひこの記事を最後まで読んでいただき、鳥対策に役立てていただければと思います。

 

 

 

▼ベランダを荒らす鳥の実態

初めに、私たちの悩みの種であるベランダを荒らす鳥の実態について紹介します。一体、どの鳥にどれくらいの人が悩まされているのでしょうか?

 

ハトやカラス

一般的に、主婦の約7割がベランダでの鳥の被害に悩まされた経験があると言われています。 また、直接鳥の姿を目撃していなくても、フンが溜まっていたり不自然にベランダが汚されていたりする場合も鳥による被害であると考えられます。 そして、その鳥の多くは私たちにとって最も身近な存在である鳩やカラスであることがほとんどです。 彼らは公園や道端などいろいろな場所にいます。そのため、ある程度人慣れしており、人家のベランダにもちゅうちょなく入り込んでくるのです。 とくに、鳩によってベランダを支配されるという被害が多く見られます。

 

どんな被害が多いの?

最も多い被害は、フンによるものです。 例えば、毎回ベランダの取手の同じところにフンをしたりすることがあります。そうなると、とにかく悪臭がひどいので自分だけでなくご近所にも迷惑がかかってしまいます。また、フンには病原菌がついている恐れがあるため、素手で触ったりするのは危険です。 そのほかにも、ベランダの家庭菜園の作物を食べてしまったり、置いてあるゴミ箱を荒らしたりすることもあります。 また、鳩が群れでベランダに入り浸るようになったり雛がかえったりすると、鳴き声がうるさいといった被害も。

 

なぜ鳥がベランダへ来るのか

そもそもなぜ鳩やカラスなどの野鳥は、わざわざ人家のベランダへ来るのでしょうか? それは、ベランダが鳥たちにとって生活しやすい環境であると言えるからです。 ベランダには屋根があるため、雨がかからないようになっていますよね。鳥は雨が苦手なので、ベランダは雨ふりをしのぐ場所として最適であるということから、住み着くようになったと言われています。 ほかにも、「天敵から逃れるためには人間の近くにいれば安全だ」ということを本能的にわかっているためか、人が住む部屋の近くに住み着くのではないかとも言われています。 しかし、自ら人間の目の前に現れたりはしません。共働きなどで昼間はいつも家を空けていたり、あまりベランダに出ない生活をしているような人のところには近づきやすいと言われています。 鳩にとって、ベランダはさまざまな好条件が重なった居心地のよい場所なのです。

 

 

▼おすすめの鳥よけグッズを紹介!

おすすめの鳥よけグッズを紹介!

 

ここからは、鳥よけ効果が期待できるいろいろなグッズをご紹介します。 こんな方法は知らなかった!という新たな発見があるかもしれないので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

CDをつるす

鳩はCDのようなキラキラしたものを怖がるので、鳩よけと言えばCDが思い浮かぶ方も多いかもしれません。実際に、CDを吊るすことで被害が減ったという声が数多くあります。しかし、ベランダが広いと効果が一部の場所でしか発揮できないため、間隔を空けてベランダ全体に吊るすとよいでしょう。市販の鳥よけ専用の光るCDは、だいたい5枚入りで販売されています。 一方、鳩はこのキラキラにいずれ慣れてしまうため、効果がないといった声があるのも事実です。また、とてもよく晴れた日であれば、よりCDの光が反射するため、お向かいの家に反射光が入ってしまい迷惑になることも考えられます。

 

鳥の嫌いな植物を植える

鳩はハーブなどの強い香りが苦手なので、ベランダにミントやローズマリーなどハーブ系の植物を植えておくと近寄ってこなくなります。 また、バラやローズゼラニウムも効果的です。バラの香りに加え、トゲがあるため危険だということを察知し、近寄らなくなります。ローズゼラニウムも1年を通して鳥よけ効果が期待でき、外観も美しいので人気があります。

 

鳥よけネットを活用

鳥よけネットをベランダや家庭菜園に張っておくというのも効果的な方法です。物理的にベランダ内に入ったり作物を荒らしたりできないので、鳥よけとして人気が高い方法です。市販されているネットには、景観を損ねない透明タイプなどもあり便利です。

 

忌避剤を使用する

忌避剤にはさまざまなタイプがあります。昔からある毒餌タイプだけでなく、人にやさしい天然成分のみを使用したスプレータイプやジェルタイプなど、時代とともに忌避剤も進化しています。 こういった忌避剤に慣れてしまう鳩も少なからずいるので、こまめに使用することがポイントとなります。

 

そのほかの方法

ほかにも、針山(スパイク)を鳩がよくとまってくつろぎそうな場所(例:室外機の上やゴミ箱、取手など)に置いてテープで貼り付けると近寄りにくくなるようです。 もしも鳩がベランダに来ている場面に出くわしたら、霧吹きで水をかけると逃げていきます。雨と同じで水は苦手なので、居心地がよくない場所だと判断して近寄らなくなるでしょう。

 

 

▼鳥よけのために大切なこと

鳥よけのために大切なこと

 

鳥よけグッズの効果を最大限に引き出すためにも、グッズに頼らずに自分で対策できるところは意識的におこなっていきましょう。

 

掃除を徹底する

鳩は、自分たちの環境がゴミなどで散らかっていたり、フンがたくさんあったりすると落ち着く生き物です。そのため、ベランダに物がたくさん置かれていたり汚れているような状態なら、鳩を呼び寄せているのと同じこと。常に清潔な状態を保ち、物はなるべくおかないようにすると近寄りにくくなります。

 

ベランダ付近に食べ物を置かない

ベランダで家庭菜園をしていたり、ベランダに出て物を食べたりすることがあると注意が必要です。 家庭菜園をする場合は必ず鳥よけネットなどで菜園を守り、なるべくベランダでは飲食しないようにしましょう。ちょっとでも食べこぼしがあると鳩が食べに来てしまいます。

 

鳥による被害について知る

鳩と言えば、公園などで見かけるほのぼのとしたイメージが強い動物かもしれません。鳩に餌をやっている人などはよく見かけますよね。しかし、自宅のベランダに住み着いた鳩を放置しておくと、フンについた菌が飛散し、人間の体内に入ることで病気にかかってしまう危険性があります。 病気にかかりやすいのは、小さな子どもやご老人、免疫力が落ちている人です。 とくに子どもは鳥の被害が原因でアレルギーや喘息になることが多いので、重い問題として重要視されています。 こういった鳥の被害による問題については、覚えておいて損はありません。こういったリスクを回避できるよう、事前に対策することが肝心です。

 

 

▼まとめ

鳥よけグッズの紹介を中心に、鳩を寄せ付けないための対策方法などをお伝えしてきました。 現在鳩の被害に悩まされているという方は、これまで紹介した鳥よけグッズを試してみることをおすすめします。 鳩の被害にあっていないという方も、自宅のベランダが汚れていないかチェックしてみましょう。また、ハーブを置いたりして鳩の侵入を未然に防いでおくのも大切です。 もし、現在鳩に住み着かれていて自分で駆除するのが難しいといった場合は、プロの業者に駆除を依頼するという方法をおすすめします。 プロに任せれば、自分でするよりも確実な方法で駆除できるので、迷ったら一度相談してみてはいかがでしょうか? これ以上被害を拡大させないためにも、早めに何らかの対策をとってみてください。

 

バックナンバー