» 鳩の巣対策の方法とは!?巣を作らせない予防方法を紹介 - 鳩対策駆除なび|鳩対策業者のご紹介&最大3社へ一括無料お見積り

フリーダイヤル 0120-949-461

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

スタッフ待機中

24時間365日、鳩駆除業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-461 携帯からのお問い合わせも可能!

鳩対策・駆除の厳選業者ご紹介はこちら

2018-8-16

鳩の巣対策の方法とは!?巣を作らせない予防方法を紹介

鳩の巣対策の方法とは!?巣を作らせない予防方法を紹介

 

 

鳩の被害に悩まされている方は数多くいます。一般的には公園や駅などにいて人間にとって無害なイメージがあるかもしれませんが、実際に被害に遭うとわたしたちの生活に悪影響を及ぼします。

 

 

鳩は昔から人に慣れているためか、人のいる環境で集団生活を送ったり、巣を作ったりすることがあります。こういった巣に対する適切な対策ができたら、被害を最小限に抑えられるかもしれません。

 

 

今回のコラムでは、鳩が巣を作りやすい場所や巣の撤去方法、巣を作らせない予防方法などをご紹介します。ぜひ一読いただき、しっかりと鳩の巣対策を行いましょう!

 

 

 

 

鳩が巣を作りやすい場所とは?

鳩が巣を作る場所は限られています。ということは、そこに鳩にとって好都合な要素があるはずですよね。一体それはなんでしょうか?

 

 

鳩は本来、崖や岩棚などのいくつかの面に囲まれた狭い空間を好み、そこに巣を作ります。人間が作る建物では、住宅のベランダや学校、病院の入り口や工場などがそれによく当てはまる構造になっています。このように、広い場所よりも物が置いてあったりして狭くなっている場所を好みます。

 

 

また、鳩の体やフンには人間にとって有害な菌が付着していますが、それはゴミが散乱していたり、物が散らかっていたりする場所を好んでいるからです。

 

 

なぜ人がいる環境に巣をつくるの?

では、鳩はなぜ人がいる環境にわざわざ巣を作るのでしょうか?それは、エサに困らないよう、人が出すゴミをエサ目当てとしているからです。

 

 

たまに、公園などで鳩にパンくずをあげている人がいますよね。あのように餌付けするのはもってのほかですが、そうでなくても人がいる場所には常に食料やゴミがあります。そのため、自然と人のいる環境に鳩が巣を作るようになってきたのです。

 

 

また、あなたの家のベランダは清潔な環境でしょうか?不要なものが置いてあったり、外で飲食をしている場合は食べかすが落ちている場合もあります。ここでも鳩にとって好都合なエサが落ちているのです。このような環境なときは改善したほうがよいでしょう。

 

 

もし鳩の巣を発見したらどうすべき?

もし鳩の巣を発見したらどうすべき?

 

 

前章では、鳩が巣を作りやすい場所についてご紹介しました。続いては、もし鳩の巣を身近で発見した場合、わたしたちは一体どのように対処すべきなのか?そんな疑問にお応えしたいと思います。

 

 

巣の撤去方法

鳩の巣を見つけた場合、巣の状況によって撤去できるものとできないものがあります。撤去が可能となるのは、以下のような状況が当てはまります。

 

  □鳩が巣を作り始めたばかり

作り始めたばかりの鳩の巣は、サイズが小さく鳩にとっても少ない被害で済むので、撤去しやすいと言えるでしょう。状況によっては容易ではないこともあります。

 

  □鳩のヒナが巣だったあと

鳥獣保護法という法律により、巣の中に卵やヒナがいる状態で撤去するのは禁止事項と定められています。そのため、卵がかえってヒナが巣だったあとならば撤去は可能となります。

 

 

撤去時の注意点

鳩の巣を撤去する際は、鳩が持っている菌を体内に入れないよう十分な注意が必要となります。ほうきや掃除機を使用して撤去すると菌が舞い上がってしまうので、必ず消毒液などをかけて湿らせてから新聞紙や布などで撤去するのが望ましいです。撤去時には長袖長ズボン、帽子、マスク、手袋が必須です。

 

 

撤去を終えたら、ホームセンターなどで市販されている鳩の巣対策に役立つグッズを利用するなどして、再発防止につなげましょう。もし、巣の中にヒナがいることがわかっていて撤去ができないという場合は、知識を持った業者に鳩の巣の撤去を依頼する方法があります。業者は駆除のプロなので、ヒナを傷つけることなく適切な方法で撤去してくれます。

 

 

鳩に巣をつくらせない予防方法とは?

鳩が巣を作るのを未然に防ぐことができたら一番いいですよね。ここからは、鳩が好みそうな環境であっても巣をつくらせない方法をいくつかご紹介します。

 

  □鳩の気配がしたら、巣を作る前に追い払う!

近所でよく鳩を見かけるようになった、またはベランダを行ったり来たりしているなど身近に鳩の気配を感じたら、ベランダに鳩よけグッズを設置したりして徹底的に追い払いましょう。

 

 

鳩よけグッズは、鳩専用の忌避剤や鳩よけネットなどさまざまなものが市販されています。また、鳩の苦手なハーブの香りのする植物を置いたり、光が苦手なのでCDを吊るしておくのも効果的です。

 

 

鳩とばったり出くわした場合は、音を立てたり自ら驚かすなどしてとにかく追い払うようにしましょう。鳩は人を前にすると怖がって逃げてしまうので、鳩が来たときは思いっきり驚かすと「もうここへは来たくない」と思わせることにつながります。

 

 

困ったときは業者に依頼を!

困ったときは業者に依頼を!

 

 

鳩の巣を撤去するのは初めてという方がほとんどだと思います。そのため不安があったり、うまく撤去できずに被害がさらに大きくなってしまうこともないとは言えません。そんなときは業者に依頼するのが手っ取り早くて安心ですが、具体的にどういった場面で業者に依頼することが多いのでしょうか?以下で詳しくご紹介します。

 

 

困ったときは業者にお任せ!

業者に依頼をされる方は、巣が手の届かない場所にあったり、小さなお子様への影響を考慮されたりする人が多いです。

 

 

また、自分で撤去して再発防止に努めたものの、また同じ被害に遭ってしまったことから、次こそはプロに完全に予防してほしいと考える人もいます。中には大きな被害で悩まされ、鳩の姿すら見たくないという人もいるかもしれません。

 

 

業者に依頼する理由はいろいろありますが、鳩の巣の撤去を確実に行うためには業者に依頼するのが最善の方法と言えるでしょう。

 

 

業者選びのコツ

確実に鳩の巣を撤去するためには、業者選びを慎重に行うことが大切です。初めて業者に依頼するという人は、どれくらいの費用がかかるのか見当がつかないという方も多いはずです。でも、安心してください。複数の業者から見積りをとることで、費用の相場がつかめるようになってきます。

 

 

また、費用だけでなくそれぞれの業者の見積り内容や実績を比較することができるので、ご自身にあった業者を選ぶことができます。業者のホームページや口コミを通して情報収集するのもオススメです。

 

 

その中で、見積り内容について明確に説明できているかどうかや、相手目線に立って会話ができているかどうかなど、ご自身が重要だと思う基準を見つけておくとよいかもしれません。二度と同じ被害に遭わないためにも、安心して任せられる業者を探してみてください。

 

 

まとめ

鳩が巣を作りやすい場所とその予防方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?鳩が人のいる環境に巣を作る大きな理由は、エサとなるゴミを求めているからなのです。常に清潔にして鳩の好まない環境にしていれば、寄ってくることはないでしょう。

 

 

もし、鳩の巣の撤去が困難な状況だったり、鳩による深刻な被害に悩まされている人は、安心できる業者に依頼することをオススメします。少しでも鳩による被害を抑えられるよう、できることから始めてみましょう!

 

 

バックナンバー