» 鳩が来る理由が知りたい!なぜうちのベランダに?対処法もご紹介! - 鳩対策駆除なび|鳩対策業者のご紹介&最大3社へ一括無料お見積り

フリーダイヤル 0120-949-461

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

スタッフ待機中

24時間365日、鳩駆除業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-461 携帯からのお問い合わせも可能!

鳩対策・駆除の厳選業者ご紹介はこちら

2018-9-18

鳩が来る理由が知りたい!なぜうちのベランダに?対処法もご紹介!

鳩が来る理由が知りたい!なぜうちのベランダに?対処法もご紹介!

 

暖かくなってくるとベランダなどに鳩が来て、困ってしまう方が多くなります。そもそもなぜ鳩はベランダに来るのでしょうか?ベランダに鳩が集まるのには理由があります。

 

「鳩がベランダにただ来ているだけだ」と安易に考えることは危険です。なぜなら鳩が来ることで、もたらされる大きな被害があるからです。

 

この記事では、ベランダに鳩が集まる理由や鳩が集まることで生じる被害、鳩を追い払うための対策をお伝えします。もし今ベランダに鳩が来て困っている方や今はまだ来ていないが今後の参考にしてみたい方はぜひ読んでみてください。

 

 

【鳩が来る理由を4段階に分けて解説!】

鳩がベランダに来るのには理由があります。目的を知ることは鳩を寄せ付けないことにつながります。鳩は「場所への執着心が強い」「根気強い」という性格を持っています。そのため一度ベランダに住みつくと追い払うのが大変です。鳩がベランダに来る目的を理解して早めの対策を心がけましょう。鳩がベランダに来る主な理由とされる4つをご紹介します。

 

■休憩するため

特に明るい時間に鳩がベランダに集まるようになったら、羽休めのために来ている可能性が高いです。この場合の滞在時間は比較的短いので被害は少ないと考えられます。このケースの被害は「鳩の糞」「鳩の鳴き声」が挙げられます。

「糞や鳴き声は気になるけど、すぐどこかいなくなるから大丈夫かな」と思う人も多いでしょう。しかし、先述した通り鳩の性格は「場所への執着心が強い」というしつこい性格です。あらゆる場所で羽休めをして自分が居心地のよい場所を探していることがあります。

鳩に気に入られて住み着くようになると被害はどんどん拡大していきます。決まった時間に来るようになったらその場所を気に入っている可能性が高いので、早めに対策することをおすすめします。

 

■長時間待機するため

少しの時間羽休めのため来ていた鳩が居心地のいい場所と認知されたら、えさを待っている間や仲間を持つ間に長時間定住するようになります。この間に自分の寝床や営巣場所として考えていることや、すでに候補に入っている可能性があります。このようなときは鳩の滞在時間が増えますので被害も拡大します。糞の量が多くなり、洗濯物などに影響が出始めます。

 

■ねぐらとして利用するため

待機するためにいた鳩が安心できる場所と認知すると、そこを寝床として住み着くようになります。外敵から身を守るため、身を隠せるよう囲まれたエアコンの室外機の裏などに住みつき、朝から夜まで定住するようになります。常に鳩の鳴き声がして、糞の量も大量になり被害は大きいです。この段階になると、鳩が安心できる寝床として気に入っているので、一度追い払ったぐらいではすぐに戻ってくるでしょう。そのため、二度と戻ってこられない対策をする必要があります。

 

■巣を作るため

寝床として住み着き始めた鳩はやがて巣作りをし、長期間滞在をして繁殖を始めます。このような状況になると追い払っても、鳩は縄張り意識が高く、帰巣本能があるため追い払うのは大変難しくなります。また寝床として利用していたとき同様に滞在が長期化するので被害も大きくなります。

 

このように、はじめはベランダに少しの間いただけだったのに、それを放置しておくと被害は増々大きくなるので早めの対策が必要になってきます。

 

【鳩が来ることでもたらされる被害の実態】

鳩が来ることでもたらされる被害の実態

 

ベランダに鳩が来ることでどのような被害が思いつくでしょうか?先述した通り、「鳩の鳴き声による騒音」「大量の糞」ももちろん鳩が及ぼす被害の一部です。しかし、これは一部であり他にも私たち人間に影響を及ぼす被害はあります。

 

■鳩の鳴き声がうるさい

一番気づきやすい被害が「鳩の鳴き声」です。鳩の鳴き声を聞いたことがあるでしょうか?よく見かけられる鳩は「クルックー、クルックー」と鳴きます。遠くから聞こえるにはそれほど大きな鳴き声ではないのであまり不快に感じることはないかもしれませんが、近くで聞くと不快に感じる人も多いようです。また、鳩は朝から一日中鳴きます。毎朝、朝早くに鳩の鳴き声で起こされることを想像するとうんざりしますよね。また、鳴く頻度もとても高く、羽の音もうるさいので近所迷惑になってしまいます。

 

■鳩のフンや巣による悪臭や健康被害

鳩が生じる被害と聞いて「鳩の糞」と一番初めに思いつく人も多いと思います。長期間住み着いた鳩は大量の糞をします。糞は美観を損ねますし、悪臭も生じます。また、それだけで決まった時間に来るようになったらそのはなく健康被害も生じるとされています。糞があるからと言ってすぐに健康被害につながるわけではありませんが、お年寄りや小さなお子様や免疫力が低下している方はより注意が必要です。一番多い健康被害がダニアレルギーや喘息です。糞は、鳩から伝染する病気も原因となることや、ダニ・シラミ・ノミといった害虫を持ち込む原因になります。ベランダは私たちが普段直接触れる洋服やタオルなどを干す場所なので、「鳩の糞」は私たちに大きな影響を及ぼします。

 

■鳩から病気が伝染する

上記した健康被害だけでなく、鳩から病気が伝染する可能性もあります。鳩は私たち人間に伝染する病気を持っていることがあります。

中には重篤な症状を引き起こすものもあり、気をつけなければいけません。

 

【鳩を追い払うための対策をご紹介!】

鳩による被害や一度住み着くと追い払うのが大変なので、早めの鳩を追い払うための対策が必要であるということはお分かりいただけたと思います。ここからは鳩を追い払うための対策をご紹介していきます。

 

■効果的な対策方法

鳩が住み着いている段階を4つに分けて対策を紹介していきたいと思います。

 

 レベル1(羽休めで短時間いる場合)

 レベル2(えさや仲間を待つためにレベル1のときよりいる時間が長くなった場合)

 レベル3(昼間だけでなく寝床のために夜まで滞在している場合)

 レベル4(巣作りをし始めている場合)

 

鳩の対策において一番大切なことは早めの対策です。そのためレベル1の段階で鳩に「居心地のよい場所」だと感じさせないことです。鳩を見つけたらすぐに追い払うことや糞を見つけたら掃除をすることもとても大切になってきます。

 

レベル1、レベル2で効果的な対策方法

 忌避剤(スプレー)

 スパイク(剣山)

 ワイヤー

 

鳩が止まりそうなベランダの手すりや室外機周辺に忌避剤を撒くことや、スパイク、ワイヤーを設置することが対策につながります。忌避剤は効き目時間が短いですが、初期のころに繰り返し使用すれば鳩は寄りつかなくなるでしょう。

 

レベル3、レベル4で効果的な対策方法

 忌避剤(ジェル)

 ネット

 

レベル1、レベル2で紹介した忌避剤よりもジェルにすることで効果が1年以上持続します。また、ベランダ全体にネットを張って物理的に鳩の侵入経路をなくします。

 

■こんな対策はどうなの?

鳩対策で、「キラキラ光るテープ」や「鳥よけCD」や「ヘビの模型」を聞いたことがある人もいると思います。これらのものは、まだ鳩が未侵入の場合であれば効果を発揮しますが、鳩が慣れてしまうと効果はあまり期待されません。次第に自分に危害を加えるものではないと鳩が学習してしまうためです。

鳩対策をするには持続性があるものにしなければなりません。

 

【なかなか効果が出ない!そんなときはどうするべき?】

なかなか効果が出ない!そんなときはどうするべき?

 

対策をやってもなかなか効果が出ないことやすでに自分では対策の仕方が分からないということもあるでしょう。そのようなときは放置することや自分で危険をおかすことをしないで、業者の人に依頼することをおすすめします。間違っても自分で鳩を駆除しようとしないでください。鳩は、「鳥獣保護法」という法律で守られており、素人が駆除することは許されていません。業者の方に相談しましょう。

 

【まとめ】

今回は鳩がベランダに来る理由、それによってもたらされる被害、対策方法についてお伝えしてきました。「最近ベランダに鳩が来るけれどすぐいなくなるから大丈夫かな」と思っていた人にも、鳩を定住させないためには早めの対策が最も重要だということがお分かりいただけたでしょう。巣作りをして、繁殖して大きな被害があってからでは遅いので、今回紹介した対策方法をお試しになってください。それでも効果が出ない場合は業者の方に相談してみましょう。

バックナンバー