» ベランダの鳩に個人ができること!鳩の巣や糞の被害は予防対策がカギ - 鳩対策駆除なび|鳩対策業者のご紹介&最大3社へ一括無料お見積り

フリーダイヤル 0120-949-461

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

スタッフ待機中

24時間365日、鳩駆除業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-461 携帯からのお問い合わせも可能!

鳩対策・駆除の厳選業者ご紹介はこちら

2018-10-9

ベランダの鳩に個人ができること!鳩の巣や糞の被害は予防対策がカギ

ベランダの鳩に個人ができること!鳩の巣や糞の被害は予防対策がカギ

 

ベランダからなにやら物音が…。確認してみると、なんと鳩が!このように、いつの間にかベランダに鳩が住み着いているケースは多いです。

 

鳩は無害そうに思われるためそのままにしておいても大丈夫、と考えていると痛い目を見ることになってしまいます。実はベランダから鳩を追い返すのも一苦労なのです。今回は鳩がもたらす被害、また鳩がベランダに住み着いたときの危険性と対策についてご紹介します。

 

 

▼ベランダを鳩が狙っている!?放置した結末は…

ベランダに鳩が住み着いたまま過ごしてしまったら…。その被害は大変なものなのです。そのままにしておくとベランダは鳩に支配されることになってしまうのです。

 

・ベランダが鳩に支配されるまで

最近よくベランダで鳩を見るな~と感じたら、その時既に鳩の支配は始まっています。住む場所を決めた鳩は、ベランダに頻繁に糞をしはじめます。

 

糞の被害に慣れ始めたころ、ベランダに木の枝があることに気づくでしょう。木の枝は徐々に数を増し、知らない間にベランダに巣が完成してしまいます。しかも巣の中には卵が…。卵がかえり雛となると、鳴き声のうるささに耳を塞ぐ日々が続きます。この時点で生活は鳩に支配されていると言えるでしょう。

 

やっと雛がいなくなり安心かと思いきや、鳩の支配はまだ続いています。ベランダには鳩の糞がまた落ちてくるようになり、そして巣が…。こうして私たちのベランダは鳩にすっかり支配されてしまうのです。

 

ベランダを鳩に占拠されてしまうことで一番心配なのが健康への被害です。ベランダに鳩の糞が落ちるとそこで菌が繁殖してしまい、乾燥することで菌やカビが空気中に飛散して人間の体内に入り込んでしまう可能性があるのです。

 

これはお子様のアレルギー被害の原因にもなってしまいます。また、鳩の体には多くのノミ・ダニがいます。鳩の羽が落ちることによりノミ・ダニも拡散され、私たちの体に被害を及ぼし始めます。ノミ・ダニはアレルギーや皮膚炎を引き起こすだけではなく、感染症の原因もなりかねません。鳩を見つけたら早めの処置が必要です。

 

▼ベランダを鳩に奪われたら、奪い返すのは超困難!

ベランダを鳩に奪われたら、奪い返すのは超困難!

 

何か起きる前に、鳩から自分のベランダを取り戻したいですよね。ですがひとたびベランダを鳩に支配されてしまったら、奪い返すことはとても難しいと言われています。

 

・鳩の帰省本能はハンパない

ベランダに鳩の支配が長年続いてしまう原因の一つに鳩の帰省本能が考えられます。その昔、伝書鳩として使われていたように、鳩はどこにいても自分の住処に戻ることができる能力を持っているのです。300km以上離れた場所から戻ってきたという鳩もいるくらいなので、その能力は並大抵ではないでしょう。

 

・鳩の母性もハンパない!

実は、鳩は母性の高い動物なのです。巣や雛に対する執着心が高く、簡単な鳩対策では撃退することはできません。

 

・鳩は法律で守られているため、巣や卵の撤去はご法度

鳩の巣や卵を撤去する際も気を付けなくてはなりません。なぜなら鳩は「鳥獣保護法」と呼ばれる法律で守られているからです。この法律は狩猟の適正化や鳥獣の保護を目的として制定されたものであり、起源をたどれば1918年にも及びます。

 

法律の内容は鳥類や哺乳類を許可なく捕獲したり殺したり傷つけたりすることは禁止するといったものであるため、いくら鳥獣からの被害を受けていたとしても勝手に駆除することはできません。許可なく巣や卵を撤去すると法律違反とみなされ、100万円以下の罰金を支払わなくてはならないことも。

 

ベランダで鳩の巣や卵を見つけたらすぐに自治体や鳩駆除の業者に相談することをおすすめします。現時点でできる対策や撤去などを迅速におこなってくれることでしょう。

 

▼鳩に狙われやすいベランダの特徴

鳩被害を抑えるためには事前に対策をしておくことが大切です。狙われやすいベランダの特徴を抑えておくことでベランダに鳩が住み着く前に対策をすることができます。ぜひ知っておきましょう。

 

・鳩の天敵から死角になるベランダ

鳩の卵は敵に狙われやすいため、巣を作るときにできるだけ天敵から死角になる場所を選びます。そのため、壁などがある場所だと背面を気にすることがないので、巣が作られやすいといえます。建物の入り組んだ場所も敵に見つかりにくいため、サービスバルコニーやエアコン室外機と窓の隙間などに巣を作ることもあるのです。

 

・人があまり出入りしないベランダ

ベランダをあまり利用しない家庭にも巣が作られてしまう可能性があります。人間のそばには天敵があまりおらず、その上あまり人間も来ないとなると鳩には絶好の住処と言えるでしょう。単身赴任や共働きなどで家を空けがちの方は、一度ベランダに鳩の巣が無いかを確認してみてください。

 

・雨風がしのげるベランダ

巣を壊れてしまうので、雨風が直接当たるような場所に巣は作られません。屋根があり、風も防げるような場所があればすぐに巣を作られてしまうと考えてよいでしょう。そのためベランダが縦格子ではなく完璧に壁で囲まれたタイプだと巣を作られる可能性が高いです。

 

▼個人でできる、ベランダの鳩よけ対策

個人でできる、ベランダの鳩よけ対策

 

鳩被害に遭わないようにするためには事前の対策が大切です。しっかり対策をしてベランダに鳩が入り込むことを防ぎましょう。

 

・初期のベランダ鳩よけ対策

羽休めのためにベランダに滞在している鳩がいたら、それが鳩被害の初期段階と考えてください。この時点で対策をしておくことで、鳩の被害をぐっと抑えることができます。まずは鳩の糞掃除を徹底的に行い、忌避剤、スパイク、ワイヤーを利用して鳩を寄せ付けない環境を作りましょう。剣山タイプのスパイクだと効果絶大です。

 

・中期段階に入ったベランダ鳩よけ対策

鳩の滞在時間が長くなりだしたら被害の中期段階に入ったと考えてください。あなたのベランダを鳩は安全なねぐらだと認知し、昼間だけではなく夜も利用するようになります。この段階に来ると糞の量が多くなってくるため、まずはその糞を徹底的に掃除しましょう。

 

そして初期段階で紹介したような対策にプラスして、ベランダにネットを張ったり鳩の天敵であるネコなどの模型を置くようにしてください。鳩の帰省本能は磁気や超音波を利用したものと言われているため、磁気や超音波を発する物を使うのも良いでしょう。

 

・後期段階…巣まで作られてしまった時の対策

ベランダに巣を作られてしまったら鳩被害が後期段階に進んでしまっています。早急に対策をしてください。鳩は学習能力があるため、初期や中期段階に利用していたアイテムの種類を替えたりパワーアップさせましょう。それでも撃退が難しいのならば、鳥獣保護法の問題もあるため、資格を持っている業者に駆除を依頼することをおすすめします。

 

▼まとめ

ベランダの鳩を放っておくと様々な被害に見舞われてしまうだけではなく、ベランダ自体が鳩に占拠されてしまう危険性があります。もし最近鳩を見かけるなと感じたら、早めの対策をしましょう。忌避剤やネットなど鳩対策のグッズはたくさんあります。ぜひ利用してみましょう。

 

鳩の巣を見つけても、鳥獣保護法などにより自力で撤去することは難しいです。今すぐにでも撤去したいと考えているのなら、鳩駆除の業者に依頼しましょう。

 

資格を持っている方に依頼することができるため、駆除だけではなく今後鳩が近寄らないようにするための措置を取ってくれることでしょう。自力で解決しようとせず、まずは業者に相談をしてみてください。

バックナンバー