» 鳩よけアイテムの効果はいかに?本当に使えるの?そんな疑問にお応え - 鳩対策駆除なび|鳩対策業者のご紹介&最大3社へ一括無料お見積り

フリーダイヤル 0120-949-461

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

スタッフ待機中

24時間365日、鳩駆除業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-461 携帯からのお問い合わせも可能!

鳩対策・駆除の厳選業者ご紹介はこちら

2018-10-18

鳩よけアイテムの効果はいかに?本当に使えるの?そんな疑問にお応え

鳩よけアイテムの効果はいかに?本当に使えるの?そんな疑問にお応え

 

日常生活をする上で平穏な生活を妨害してくるさまざまな要因があります。 ハトは古来より親しみのある鳥ではありますが、場合によっては人間に有害な状況を作り出すこともあります。今回は日本のどこにでもいるハトにクローズアップします

 

「お洗濯を取り込もうとしたら、糞がついていた」。 はたまた、「ポッポーと鳴き声がするなぁと見てみると、ベランダに何羽も連なって止まっていた」、「何度掃除しても同じところに糞がある」、知らないうちに巣を作ってしまった。 こんな経験ありませんか?

 

鳩は私たちの健康を脅かすような病原菌を保有しています。そんな私たちの平穏な日々を奪われてしまう要因は排除しなければなりません。 鳩の被害を受けないようにするにはどうしたらよいのか、鳩よけアイテムのご紹介や鳩対策についてお伝えしていきます。

 

 

鳩は私たちの生活範囲によく生息しているので、さまざまな場所で見かけます。現在日本でよく見られる鳩はドバトとキジバトの2種類です。ドバトは公園などでにいる鳩です。キジバトは山や森などに生息しています。

 

この鳩のうち、私たちの生活に影響を与える恐れがあるのは、ドバトです。 鳩には帰巣本能が備わっているようで、自分の巣がどこにあるかを記憶しており、どんなに離れた場所からでも戻ってくることができ、自分たちのテリトリーを作っているようです。

 

鳩対策としてさまざまなグッズがあります。しかし、その効果はグッズによって異なるうえ、被害状況に応じて使い分けなければ本来の機能が発揮されません。正しい使用法を知り、目的に応じたものを選ぶようにしましょう。

 

 

▼鳩よけアイテムその1~物理的に阻止する方法~

手ごわそうな鳩にする対策として、いろいろな鳩よけアイテムが商品化されてます。そんな商品から何点かご紹介します。

 

・剣山

鳩よけに剣山を使う対策は古くからよく聞くアイテムです。置くだけなので、手軽な方法なので、多くの家のベランダに設置されているのを見かけます。剣山といえば、華道などに使われているものを思い浮かべる方が多いと思います。鳩対策用に商品化されているものは華道用の剣山より大きくつくられています。

 

鳩の止まりたい場所に剣山を置くことで、とまることをブロックするのが目的です。しかし、先述にもありましたが、鳩は自分のテリトリーに執着があるので、ちょっとやそっとの邪魔があってもおかまいなしにとまります。少しの隙間を見つけては居座り、鋭い剣山があっても、頭を使いその上にものをのせて悠々と休みます。

 

・テグス

初期段階の対策として効果が高いのが、テグスです。テグスとは、おもに釣りなどで使用されている、ナイロン製の透明なひものことを指します。鳩用グッズとしてのテグスは金属製でできていることが多く、細いので鳩が糸の上にとまれないようになっています。

 

鳩は侵入する際に危険がないかを見るためにベランダにとまります。その部分から阻止するための対策です。鳩がとまったときに触れる高さがベストなので、取り付ける際は手すりから10cmほどにつけるとちょうどよいでしょう。

 

・鳥よけネット

ベランダや倉庫への侵入を防ぐもので鳥よけネットがあります。鳩はベランダの手すりにとまることが多いですが、安全だと判断するとベランダの床に降りたり、場合によっては室内にまで入ろうとします。そんなときにはネットを張ることで、巣への侵入を防ぐことができるのです。

 

ネットを用意する際には、かならず鳩がくぐれないほどの網目の大きさのものを選ぶようにしましょう。ゴルフや野球の練習場のものは網目が粗いので、鳩対策の効果としては薄く、選ばないほうが無難です。また、紐が細めで黒色のものを選ぶと景観も外観も損ねにくいのでオススメです。

 

・CD

  CDなどキラキラしたものを吊るしておくとよいという話は、よく聞かれるかと思います。これは、鳥は光がキラキラ反射するのを怖がって近づかなくなるとされているようです。 よく聞く鳩よけアイテムとしてのひとつではありますが、それは初めだけ有効的で鳩は光が反射していても鳩に危険がないとわかれば、鳩はまたわが物顔で訪れます。

 

 

▼鳩よけアイテムその2~忌避剤で阻止する方法~

 

鳩よけアイテムその2~忌避剤で阻止する方法~

 

鳩が嫌いな味やにおいで鳩を撃退する薬品が忌避剤です。鳩がくるベランダの手すりや、鳩にとまってほしくない場所に塗っておくと、鳩が近寄りにくくなる効果があるようです。忌避剤のタイプはスプレーや固形のものジェルタイプのものなどがあります。

 

・スプレータイプ

シュッと噴射するだけでよいので手軽に使用できます。鳩が嫌いな味やにおいを定期的につけておくことで、鳩がくることを阻止できます。しかし、外に吹き付けるので、雨風などで薬品がながれてしまうことがあります。こまめに吹き付けることが大切です。

 

・固形タイプ

防虫剤のように吊るして使うもので、約1か月程度効果が持続します。ベランダの手すりや物干しなどに吊るすことができ、鳩が嫌いなにおいを放つので、鳩が近づくのが困難になります。いくつか吊るしておくとなおよいです。ただし、固形タイプのものは水に濡れると溶けてしまったりします。そのため、雨があたらない場所に設置しましょう。

 

・ジェルタイプ

味覚・嗅覚・感触で撃退します。1年半程度効果が持続するので、何度も塗り替えることも少なく済みます。ジェルを塗った場所に鳩がとまると、粘着力のあるジェルが足につくので、嫌がって寄りつかなくなります。 さらに、ついてしまったジェルをとろうとすると、今度は嫌いなにおいや味を感じることになり、あらゆる方面から鳩に嫌な場所であると覚えさせます。

 

 

▼鳩の被害レベルは4段階ある

鳩の被害にはレベルがあり、被害状況によって4段階のレベル分けをされています。そのレベルを自身が受けている被害に当てはめることによって、よりきちんとした対策ができるでしょう。

 

【レベル1】

・鳩がベランダなどにとまっている

・鳴き声による騒音

・糞による軽い汚れ

 

ベランダにとまっていたりするのは、移動中に羽を休めているだけなので、比較的簡単な対策でよいでしょう。先述したアイテムを使用してみてください。

 

【レベル2】

・数匹の鳩が待機場所としてとまっていて、糞の量も増えている

 

鳩が定期的にきている場合、鳩が止まらないように居心地を悪くする必要があります。重点的にジェルタイプの忌避剤を使い、より撃退効果が望める対策をしましょう。

 

【レベル3】

・室外機の裏などに鳩の姿を見かけた

・鳴き声の被害が深刻化

・掃除をしても追いつかないほど糞の量が多い

 

この状況になっている場合は、鳩はすでにその場所を安全なテリトリーと認識してしまっています。鳩が来たときに、対処するだけではもう効果は見込めないので、24時間体制で撃退できるジェルタイプの忌避剤を使いましょう。室外機の裏などにいたりするのであれば、糞などで汚れているところを掃除してから使うのがポイントです。

 

【レベル4】

・鳩の巣がある

・移動することなく、すみつかれている・卵、ひながいる。

 

上記のような場合は、もうその場所に強い執着心を抱いている可能性が高いです。自身で対策グッズなどを使っても、鳩を撃退するのは大変難しいので、プロにお任せすることをおすすめします。鳩で悩まされていた日々から解放され、スッキリ解決できることでしょう。

 

 

▼よい業者に依頼するための重要ポイント

 

よい業者に依頼するための重要ポイント

 

ご自身で鳩よけアイテムを使っても効果がない、また被害が深刻で個人では対処できない場合やより確実に鳩対策を行いたいときは、業者にお願いすることをオススメします。

 

ご自身の予算や内容に見合うところを選ぶ必要があります。数ある業者の中から信頼できる業者を見極めるためのポイントをお伝えします。

 

・相見積りをとる 

相見積りとは、何件かの業者に同じ内容で見積りを取ることです。そうすることにより、金額や施工内容、保証なども検討ができるので、1社ではなく数社に見積もりをお願いしましょう。

 

・見積り内容をしっかり確認する 

見積もりの内容が、ご自身の受けている鳩被害において納得できる内容なのか、また、金額も予算に合ったものなのか、数社の出した金額が平均であるのかなど見比べる必要があります。詳細な内容まで明確に記載されているかもポイントです。

 

・ホームページで情報収集をする

それぞれの業者のホームページなどを見て、うたっている内容と見積り内容に相違はないのか、業者に施術をお願いした方の口コミなども参考までにみておくとよいかと思います。

 

 

▼まとめ

 

今回は、私たちの生活に身近にいる鳩による被害・対策をお話しました。初期の段階では色々ご紹介した、鳩よけアイテムを使って対策を試してみて下さい。

 

しかし、はじめにお話したように、鳩はさまざまな病原菌を保有していて、健康被害が心配になる点があります。ご自身で対応するのに、不安がある方は業者にお願いしたほうがよいでしょう。

バックナンバー