» ハトの対策、どうすればよいか分からないあなたへ。鳩対策How to - 鳩対策駆除なび|鳩対策業者のご紹介&最大3社へ一括無料お見積り

フリーダイヤル 0120-949-461

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

スタッフ待機中

24時間365日、鳩駆除業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-461 携帯からのお問い合わせも可能!

鳩対策・駆除の厳選業者ご紹介はこちら

2018-12-3

ハトの対策、どうすればよいか分からないあなたへ。鳩対策How to

ハトの対策、どうすればよいか分からないあなたへ。鳩対策How to

 

最近では、近くの公園や神社、住宅地にもハトを見かけることが多くなりました。ハトが人間の生活圏内に進出してきたのは理由があります。私たちが出すゴミは、ハトにとってエサの宝庫であったことです。

 

さらに、雨風を防ぎ天敵から身を守ることができるベランダや室外機周辺は、ハトにとって巣を作るには、好都合な場所だったからです。

 

昔から、ハトは「平和の象徴」だといわれていますが、ハトの糞害は大きな悩みの種です。ハトには帰巣本能があり、遠く離れていても自分のすみかに戻ってきます。何度ハトを追い払ってもまた戻ってきてしまうのは、この帰巣本能があるからです。

 

何度も戻ってきてしまうハトの対策はどうしたらいいのでしょうか。それはそのときハトがどの段階かによって、対策方法が違います。ハトの段階にあった対策をとりましょう。

 

 

▼効果的なハト対策を行うには段階を知ることが大切!

都会で見かけるハトには、2種類のハトがいます。公園や人間の生活の中で見かけるのが「ドバト」。緑の多い自然の中で見かけるのが「キジバト」です。この中でも「ドバト」は人間の生活に大きく関わり、被害を及ぼします。

 

都会に住むハトが巣の場所を決めるまでの行動には、段階があります。ハトは1日の行動の中で、入念にその場所が本当に安全かどうかを確認しているのです。

 

〇段階1:偵察

ハトの1日の行動の中で、移動中の羽根休めをする場所を決めます。滞在時間は短いですが、しっかり安全を確認していきます。このとき、全体を見渡せる高い場所を選ぶことが多いといわれています。

 

〇段階2:小休止

次に「エサを取る準備をする場所」や「仲間を待つ場所」、「巣作りのための準備をする場所」を決めます。羽根休めの時間より長く滞在し、より安全な場所はないかと探しています。

 

「ここは安全だ!」と確信すると、ベランダの室外機の裏など、3方向から囲まれている場所をねぐらとして認知し、明るい時間から夜にかけて、さらに長時間過ごすようになります。

 

〇段階3:すみか

ねぐらとして安全を確認すると、繁殖の場として巣作りを始めます。ハトが巣作りを始めてしまえば、3~4日程度で巣は完成してしまいます。そうなれば、ハトの帰巣本能から何度追い払っても出ていってはくれません。時間をかけてやっと見つけた安全な場所を、ハトも離れたくありませんよね。

 

 

▼なんでこんなに鳩対策は大変なの…?

なんでこんなに鳩対策は大変なの…?

 

ハトの対策をおこなうとき、ハトの習性を知っておくと役立つでしょう。ハトの持つ習性がハト対策を非常に困難にしています。

 

〇帰巣本能の強さ

ハトは時間をかけて、安全なすみかを見つけます。一度すみかとした場所には、500~1,000km離れていても戻ってくることができるといわれています。経験や学習からではなく、生まれながらにして自分のすみかを認識しているのです。

 

〇仲間意識の高さ

空を見ると、ハトが群れで飛んでいるのを見かけませんか?ハトは群れを成して飛びますが、リーダーを作るのではなく、周りの動きに合わせてグルグルと円を描きながら、飛んでいるようです。

 

また、群れを成して飛んでいると、天敵に狙われづらいというメリットもあります。1匹で飛んでいるより、たくさん集まって飛んでいたほうが天敵となるカラスなども襲いづらいのでしょう。

 

また、ハトが1匹だったのに、いつの間にか数十羽に囲まれていたなんてことはありませんか?ハトは仲間がいると集まってくる習性もあるのです。

 

 

▼段階を見極めて効果的な対策を!

ハトがその場所をどの段階においているかによって、ハトの対策方法は違ってきます。段階によって対策方法を変えるとより効果的といえます。

 

〇段階1:偵察段階のときの対策

ハトがベランダの手すりなどに止まり、羽根休みにくる「偵察」の段階では、軽い騒音被害と少し糞をされるといった程度の被害で済みます。しかし、この早い段階でハト対策をしておくとのちのち楽になってきます。

 

まず、どの段階でも必ずやっておかなければいけないのが「糞の清掃」です。ハトの糞は悪臭や汚れはもちろんのこと、ダニやゴキブリ、アレルギー物質などの発生源にもなります。

 

ハトの糞に潜むカビから発症する「クリプトコッカス症」は、人の肺に感染し、最悪死亡するおそれもあります。糞を放置すれば、人間の健康被害のリスクが高まります。これを未然に防ぐために、糞の清掃も手順を守って、徹底しましょう。

 

 

まずは、掃除に必要なものを準備します。

・マスク

・ゴム手袋

・バケツ(ペットボトル)

・ぬるま湯

・消毒液(エタノール消毒液、もしくは次亜塩素酸ナトリウム消毒液)

・新聞紙やキッチンペーパー

・ビニール袋

 

消毒液は、ドラックストアなどに売っているエタノールでも十分効果を発揮します。次に亜塩素酸ナトリウム消毒液は、エタノールより高い消毒効果を持っていますが、金属を錆びさせてしまうので、金属部分には不向きです。

 

 

掃除の手順は、下記の通りです。

1、バケツやペットボトルにぬるま湯をくんでおきます。

2、時間が経って固まってしまっている糞を、ぬるま湯と消毒液をかけてふやかします。

3、しばらく置いて糞がふやけたら、新聞紙やキッチンペーパーでふき取ります。

4、きれいにふき取ったら、ぬるま湯をかけて洗い流します。

5、糞があった場所にもう一度消毒液をかけて、拭き掃除します。

 

これで、糞の清掃は完了です。乾燥したまま、掃除すると糞が舞い上がってしまい、健康被害につながります。

 

さらに、ハトを近づけないために忌避剤を使ったりもします。この段階での忌避剤は、スプレータイプでも対応できます。ハトの嫌がる味や臭いでハトを遠ざけます。効果は、3~4時間なので、定期的に毎日ハトがとまる手すりなどに吹きかけましょう。

 

偵察段階のハト対策は、掃除や片付けを徹底するだけでかなり効果的です。合わせて忌避スプレーを使うと、ハトは寄り付かなくなるでしょう。

 

〇段階2:小休止のときの対策

エサや仲間の待ち時間を過ごす「小休止」の段階では、「偵察」期間より滞在時間が増えるので、糞の量も増え、洗濯物などにも被害が出ます。この段階でも偵察期間と同様に、糞の清掃や片付けは徹底しておこなってください。

 

小休止段階のときのハト対策には、電気ショックやバードスパイク、テグスやワイヤーなども有効です。電気ショックは屋根などに電極を設置して、ハトが触れた瞬間電気ショックを与える対策グッズです。

 

ハトを驚かせる強めの静電気程度の威力のため、ハトが怪我をすることもなく、人やペットが触れても安全です。しかし、ハトは「学習能力」があるため、今まで経験にない痛みを味わい、「ここは危険だ!」と察し、近寄らなくなります。

 

バードスパイクは、なるべく針山が高いものを選び、接着剤や両面テープで隙間なく設置します。いつもとまりに来るところに置くことで、ハトがとまりにくくなります。

 

プラスチック製のものと金属製のものがありますが、固く頑丈な金属性のほうがより効果を発揮するでしょう。広範囲に設置すれば、それなりに費用がかかります。

 

テグス、ワイヤーもベランダの手すり部分に設置することで、ハトがとまりにくくなるためハト対策には有効です。ピンと張ってしまっては、かえってハトがとまりやすい場所を作ってしまうのでわざとたるませて張るのがポイントです。

 

また、透明なものを選ぶことで、ハトに気づかれにくく、ハトは見えない何かに邪魔されていると不快に感じ近づかなくなります。

 

小休止段階でも、糞の清掃は徹底し、ハトがとまりづらい環境をつくることで、不快に思い、危険を察知し遠ざかります。

 

〇段階3:すみかにされてしまったときの対策

小休止期間に「この場所は安全だ!」と確信したハトは、さらに長時間滞在するようになり多大な騒音被害や大量の糞による糞害を引き起こします。このまま放置すると、縄張り意識と帰巣本能が生まれ、毎年ハトの被害に苦しむことになります。

 

この段階ではテグスやワイヤー、スパイクはあまり効果を発揮しません。糞の清掃はもちろんですが、まずハトをベランダに侵入させないことを前提にしなくてはなりません。

 

このときに役立つのが、「防鳥ネット」です。ネットでハト除けをする場合は、なるべく目の細かい太さがあるものを選びましょう。

 

色は目立ちにくい黒や透明のものが選ぶと景観を損ねにくいです。もし、ベランダの天井が高いときは、自分で取り付けるのは非常に危険なので業者にお願いすることをおすすめします。

 

忌避剤は、スプレーでなく、ベタベタとくっつくジェルタイプのものを選びましょう。足がベタベタとくっついて不快に感じるため、ハトは寄り付かなくなります。しかし、これは人間も同じです。ベタベタとくっつき、掃除が大変なのはいなめません。

 

最近では、太陽光パネルの下に巣を作るハトが多く、このような場所には、通気性を確保して隙間を埋められるパンチングメタルが有効です。

 

このように、ハトの対策にはさまざまな方法がありますが、ハトが今どの段階として、その場所を判断しているのかを見極めて対策する必要があります。

 

 

▼対策だけなら大丈夫だけど…

対策だけなら大丈夫だけど…

 

ハトを追い払うための対策は、段階を見極めて対処すれば自分でできるかもしれません。しかし、ハトを自ら駆除すると法律に触れてしまうおそれがあります。

 

〇鳩は”鳥獣保護法に守られています

ハトは、鳥獣保護法で守られており、勝手に捕獲、殺傷することは法律で禁止されています。ハトを衰弱させる行為ですら、法律に触れる恐れがあるので注意してください。

 

もし自宅のベランダにハトが巣を作り、多大な糞害と騒音に悩まされていたとしても、勝手に巣を撤去したり、卵やヒナを移動させたりするだけでも法律違反になります。ただし、まだ巣が完成しておらず、卵もヒナもいない段階であれば撤去しても問題ありません。

 

〇私たちでは駆除には限界があります

このように、ハトがまだ偵察段階や小休止段階であれば、対策グッズを駆使して、ハトを追い払えるかもしれません。しかし、ハトがすみかとして認識する段階にまで入ってしまうと、自分で手を加えるのは難しく、ハトを傷つければ自分が罰をうけるかもしれません。

 

「自分では対処しきれない!」「早くハトを追い払ってほしい」というときは、業者にお願いしてみてはいかがですか。ハト対策のプロが、豊富な経験と高い技術を駆使して、ハトを追い払い、もとの住みやすい家に戻してくれるでしょう。

 

 

▼まとめ

ハトは毎日同じパターンで生活しています。羽休めをする「偵察」場所、仲間やエサを待つ「小休止」場所、繁殖をする「すみか」とされる場所を周回しています。

 

そのため、その場所には糞害と騒音が付きまとい、ハトの滞在時間が長ければ長いほど、被害は大きくなります。

 

偵察段階や小休止段階であれば、自分でハトを追い払う対策はできますが、すみかになってしまうとやっかいです。ハトは鳥獣保護法で守られているため、傷つけたり殺したり、巣や卵を移動することですら禁止されています。

 

そのため、自分だけで追い払うのは限界があります。自分ではどうしようもないときは、ハトの対策をしてくれる業者にお願いすることをおすすめします。ハトの対策に関する知識や技術も豊富で、完璧にハトを追い払ってくれるでしょう。

 

バックナンバー