» 鳩退治にテグスは使える?効果的な張り方やほかの撃退グッズも紹介 - 鳩対策駆除なび|鳩対策業者のご紹介&最大3社へ一括無料お見積り

フリーダイヤル 0120-949-461

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

スタッフ待機中

24時間365日、鳩駆除業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-461 携帯からのお問い合わせも可能!

鳩対策・駆除の厳選業者ご紹介はこちら

2019-6-6

鳩退治にテグスは使える?効果的な張り方やほかの撃退グッズも紹介

鳩退治にテグスは使える?効果的な張り方やほかの撃退グッズも紹介

近年、鳩たちの中で悠々自適に過ごせる環境の奪いあいが発生しています。その競争に敗れた鳩たちは、自分たちにとって過ごしやすい新たな土地を探します。

そして、その鳩たちにとって新たな環境として、わたしたちの自宅や勤め先にすみつかれてしまうのです。いわば「かけこみ寺」のようなイメージでしょうか。駆け込むだけであれば問題ないのですが、次第に騒音やフンなどの被害がどうしても発生してしまいます。

このことから、なにかしらの鳩対策が必要になります。しかし、具体的な鳩対策がふと頭におもい浮かぶ方は少ないのではないでしょうか。そこで、この記事では鳩対策をご紹介していきます。参考にしてみてください。

▼テグスは「初期段階」なら有効

テグスとは簡単にいえば糸のことです。ただ、これは一般的な糸とは違い、ナイロンなどの合成繊維でつくられた特殊なひものことを指します。

もともと、鳩の被害には合計で4段階あります。仮に、鳩による被害が初期段階であれば、このテグスが有効になります。使い方は簡単で、ベランダの両壁に止め具を接着剤で固定し糸を張るだけです。

この方法によって、鳩はベランダで羽休めできなくなり、鳩はよりつかなくなります。では、テグスが使える初期段階とはどのような状態なのでしょうか。

鳩の被害には段階がある

すでに上述していますが、鳩の被害には4つの段階があります。第1段階は休憩所レベル。第2段階は待機所レベル。第3段階は寝床レベル。そして第4段階は住居レベル、つまり巣をつくっているか、その場所そのものが巣になってしまっている段階です。

現在がどの段階なのかを見分けるには、鳩がその場所を1日のうち何時間滞在しているのかを基準にします。朝から晩までといった、長時間その場所に鳩が滞在しているようであれば、第3段階に達しているおそれがあります。

第1~2段階であればテグスなど、個人の対策でも改善できることがあります。しかし、第3~4段階になると、鳩はそのエリアを完全に自分の居住区と認識します。このことにより、その場所から鳩を撃退するには一工夫も二工夫も施した対策が必要になるわけです。

なぜなら鳩は非常に執着深い生き物だからです。鳩は一度手にした安全地帯を簡単に手放すことはありません。このことから、被害レベルが第3段階以降に入ってしまうと、プロでなければ鳩の完全駆除は難しいでしょう。

また、鳩の被害を放置することは、被害レベルの上昇を促進させることになります。そのため、被害を放置せず、初期段階で鳩を撃退しておくことが重要になります。

▼テグスを使って鳩を退治する方法

テグスを使って鳩を退治する方法

鳩撃退方法のひとつに「テグス」があります。テグスとは金属製の細い糸のことです。このテグスをベランダに取り付けることにより、その場所に滞在できないようにします。

テグスのよいところは取り外しが簡単なことです。このことによって、布団を干すなどの際に「テグスが邪魔で干せない……。」といった事態を回避できます。

また、設置方法も簡単です。ベランダの両端の壁に止め具を接着剤などで固定し、留め具にテグスを通すだけです。テグスを通したら、テグスが緩まないようにしっかりと引張りましょう。

もし、テグスで効果がなければ、次に紹介するグッズのどれかをためしてみてください。

▼ほかにオススメの鳩撃退グッズ

被害段階が初期段階であれば、テグス以外にも鳩撃退に有効なグッズがあります。最近では、多くの鳩対策商品が販売されています。ここではその一部をご紹介します。

忌避剤

忌避剤とは鳩が嫌がるにおいや味配合された薬品のことです。薬品といっても配合されている成分は天然由来の植物エキスであることが大半です。人への健康被害はもちろんありません。

また、目的は鳩の殺処分ではなく、あくまで退治することです。よって忌避剤に刺激性が強い劇薬が使われているようなケースはあまりありません。

忌避剤には大きくわけて3種類があります。スプレー・固形・ジェルの3つです。とはいっても、使い方はそれぞれほぼ同じで、鳩が出入りしている箇所に吹きつけたり、防虫剤のようにつるすだけです。

また、各タイプの忌避剤には、スプレーであれば効果範囲が広く、固形とジェルは有効期間が長く、スプレータイプよりも長持ちするなどといった特徴があります。初期段階であれば忌避剤だけでも大きな効果が期待できます。

剣山

鳩の撃退をしようとおもっても、忌避剤の値段が高くて購入することに抵抗のある人には、剣山がおすすめです。中には100均で手に入る剣山もあり、比較的に安価で対策できることが特徴です。

使い方はとても簡単で、鳩が止まっている場所にこの剣山を設置するだけです。設置する際には落下防止のために接着剤を使用するとよいでしょう。また、テグスとあわせて使用すると高い効果が期待できます。

防鳥ネット

ネットを張ることで鳩の侵入を物理的にふせぎます。また、取りつけ先を選ばないことから、使用ハードルも低いです。費用も高くなく耐久性に優れているので、長期間の鳩対策を目的とするならこの防鳥ネットがおすすめです。

使い方は鳩が出入りしている場所の上からかぶせるだけですが、防鳥ネットは風に飛ばされてしまうおそれがあります。なので、ネットの上におもりを乗せるか、もしくは壁に止め具を設置してネットを固定する必要があります。

鳩を捕獲したり傷つけたりすることはできない!

これらのような鳩対策グッズが普及するにつれて、駆除だけでなく鳩の捕獲も試みる人がでてきています。しかし、鳩の捕獲は法律で禁止されています。「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」という法律で、鳩は保護されているからです。

なので、被害の拡大をふせぎたいとはいえ、鳩の捕獲をおこなうことはやめましょう。もちろん、鳩を傷つけるような行為などはもってのほかです。むやみに傷つけるようなおこないは絶対にしてはいけません。

▼鳩の糞がある場合は糞処理も忘れずに!

鳩の糞がある場合は糞処理も忘れずに!

あなたの自宅や職場先で鳩が出入りするようになると、まず頭を悩まされるのが「フン問題」でしょう。ニオイもそうですが、この鳩のフンには病原体が多く潜んでいます。仮に、病原体が多く潜んでいるこのフンを放置すると、どうなってしまうのでしょうか。

鳩の糞は危険……

自宅付近の鳩のフンを放置すると、アレルギーや強烈なかゆみをともなう炎症が発症することがあります。またそれだけでなく、クリプトコックス症・オウム病といった病気を招くこともあるでしょう。

クリプトコックス症は軽症なら皮膚炎、重症になると脳や脳脊髄膜に病巣が発生することもあります。オウム病は軽症なら風邪のような症状、重症であれば肺炎のような症状が現れることもあるようです。

これらの病気には免疫がまだできあがっていない小さなお子さんや、免疫力が低下している高齢者がかかりやすいといわれます。

そういった人たちといっしょに暮らしている場合は、早急なフンの掃除、および鳩対策が求められます。自分の大切な人たちを病気の魔の手から守りましょう。

糞処理のしかた

病原菌の塊である鳩のフンは、絶対に素手で触らないでください。フンを処理する際は必ず手袋をつけましょう。また、フンの掃除をする際はマスクの着用も推奨します。

マスクをすることで、乾燥したフンが風で舞い上がってしまっても、それを鼻や口で直接吸い込むことをふせげるからです。病気をふせぐための掃除で感染をしてしまっては元も子もありません。マスクは必ず着用しましょう。

▼鳩退治は自分で無理なら業者に依頼する方法も

最初にも記載しましたが、鳩の駆除ができるかどうかは、今の被害レベルがどの段階にあるかで大きく左右されます。今までご紹介したテグスや忌避剤といった方法が通用するのはおそらく第1~2段階までです。

第3~4段階にまで至ってしまうと、小手先の対策では効果を得にくいです。第3段階以降になると、鳩は「ここは安全なエリアだ。やっと見つけた。これからはここで生活をしよう。」と考えます。

この結果、鳩は強烈な帰巣本能と縄張り意識を発揮して、意地でもその場から離れないようになるからです。

こうなってしまうと、ベランダにテグスや忌避剤、剣山などを設置しても、そういったものが置かれていないわずかなスペースを無理やりにでも見つけ出し、そこに長期滞在するようになります。

なので、本来ではこのような事態になる前に鳩を追い出す必要があるのです。

しかし、もし今のあなたの被害状況が第3~4段階に達してしまっていても、落ち込むことはありません。自分で対処することが難しいのであれば、プロに依頼すればよいのです。きっとあなたの代わりに鳩の対策に取り組んでくれます。

鳩退治を業者に依頼するメリット

鳩の駆除をプロに依頼した場合、考えられるメリットはいくつかあります。時間や手間がかからないこともそうですが、もっとも大きいメリットは、鳩の習性や思考回路を読み取って、根拠のある対策をおこなってくれることです。

根拠のある行動であれば効果も期待できます。

プロは鳩に関する知識や経験が豊富です。それと同時に鳩に対する幅広い対抗手段も備えています。「自分の手には負えないな……」と感じたときには、プロに相談をしてみましょう。おもいがけない手段で対処してくれるかもしれません。

業者選びのポイント

業者選びのポイントはふたつあります。ひとつ目は事前説明がきちんとしていることです。あなたに対して作業の説明をキチンとしなかったり、鳩の駆除に関する契約をすぐに済ませようとする業者には注意しましょう。

ふたつ目は価格です。相場価格よりも安い値段で作業をおこなう業者には必ず理由があります。

たとえば、使用する道具を安価なものでまかないコストを抑えているだとか、後々に出張料金などを追加料金として計上するなどがあげられます。また、料金の内訳がクリアでない業者にも注意が必要です。

事前説明と料金内訳。このふたつに対して違和感や不信感を感じた場合は、違う業者に依頼をしましょう。鳩を駆除してくれる業者はたくさんあります。ですので、その業者にこだわる必要はまったくありません。あなたに最適な業者を探しましょう。

▼まとめ

鳩の駆除は対策グッズが充実している現在では、個人でも対策することが容易になっているように思えるかもしれません。しかし、実際は確かな知識にもとづいた行動でなければ、鳩の駆除は難しいものです。

また、鳩はもともと賢い鳥であり、適応能力が高い鳥としても知られています。なので、一般的な対策グッズには慣れてしまい、ポピュラーな鳩撃退方法に対して、耐性ができあがっている鳩も存在します。

こういった鳩が相手の場合は、駆除することも一筋縄ではいきません。そのようなときはプロに話だけでも聞いてみましょう。きっとあなたの力になってくれるはずです。

バックナンバー