» 鳩にスプレーは有効?手遅れを防ぐほんとうに効果的な鳩対策をご紹介 - 鳩対策駆除なび|鳩対策業者のご紹介&最大3社へ一括無料お見積り

フリーダイヤル 0120-949-461

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

スタッフ待機中

24時間365日、鳩駆除業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-461 携帯からのお問い合わせも可能!

鳩対策・駆除の厳選業者ご紹介はこちら

2019-7-22

鳩にスプレーは有効?手遅れを防ぐほんとうに効果的な鳩対策をご紹介

鳩にスプレーは有効?手遅れを防ぐほんとうに効果的な鳩対策をご紹介

ご自宅のベランダに鳩のフンを見つけて、ゆううつな気分になっている方はいらっしゃいませんか?思い返してみると、そういえば最近鳴き声がしていたな、としばらく前から鳩の気配がしていたことに気づくかもしれません。

住みつかれたら困るから何か対策をしよう!と検討しはじめて、「鳩用スプレー」に興味を持った方もいらっしゃるのではないでしょうか。自分で手軽にお金をかけず、鳩の駆除をできたらいいですよね。鳩用スプレーとは一体どんなものなのか、その効果や使い方について、鳩の特性も踏まえてご紹介していきます。

▼鳩用スプレーは効果が薄い!

鳩の被害にあってしまい、鳩用のスプレーの使用を検討している方がまず知りたいのは「どれくらいの効果があるのか」ということではないでしょうか。結論からお話すると、残念ながら効果は薄いです。その理由と、どのようなときなら効果が見込めるのか、正しい使い方についてもご説明します。

鳩用スプレーは「忌避剤」です

鳩用スプレーは忌避剤(きひざい)の一種です。忌避剤とは、鳩が嫌がるニオイや味の成分を配合した薬剤で、鳩が寄りつくことを防ぐ対策グッズです。あくまでも鳩を追い払うこと、寄せつけないことが目的なので、多くの商品は毒物や劇薬を使わず、ハーブや柑橘類などの天然成分でできています。

鳩用スプレーは、鳩が飛来しやすい場所に吹きかけることで、鳩が寄りつかない環境を作ります。とても手軽に使えますが、効果の持続時間は3~4時間程度と短く、毎日定期的に吹きかける必要があることが難点かもしれません。

忌避剤にはスプレーのほかに、ジェルタイプや固形タイプなどもあります。ジェルタイプは、鳩の足にベタベタとくっついて不快感を与えられるものです。さらに足や羽についたジェルをくちばしで取ろうとすると、鳩の苦手なニオイや味で嗅覚や味覚を刺激します。効果の持続期間は、1年~1年半程度と長いです。

固形タイプは、鳩が寄りつきそうな場所に吊るして使う忌避剤です。鳩の嫌がるニオイが周囲に広がり、寄りつきにくくなります。効果の範囲は半径1.5mほどなので、広さに応じていくつか吊るす必要があります。1ヶ月ほど効果が持続しますが、水に濡れると溶けてしまうため、雨に濡れない場所に設置しましょう。

いずれも鳩に直接危害を加えるものではなく、鳩が嫌がるニオイや味で追い払うものです。嫌いなものを避ける本能より縄張り意識のほうが強い場合には、忌避剤の効果は期待できません。

鳩用忌避剤の使い方

縄張り意識より、嫌いなものを避ける本能のほうが強いとき。つまり、鳩が飛来するようになった初期の段階であれば、忌避剤は有効だといえます。正しい使い方をすることで、鳩を追い払うことができるでしょう。

鳩用スプレーなどの忌避剤を使用する際には、まずはフンの汚れをきれいに落とします。鳩のフンや羽根などニオイのするものがあると、忌避剤の効果が半減してしまうからです。

掃除ができたら、鳩のとまりそうな場所に集中的にスプレーします。ベランダの手すりや桟(さん)、窓枠の上などに、30~50cmほど離して吹きかけます。鳩が寄りつかなくなってからも、継続して使うことでより効果が期待できるでしょう。

もっと効果の薄い鳩対策に注意

鳩の嫌がる天然成分で寄りつかなくする忌避剤は、即効性や強い効果が期待できるものではありません。しかし、一般的に知られている鳩対策の中には、さらに効果の薄いものもあるようです。

たとえば、磁石を使った鳩対策というのを耳にしたことはありませんか?これは磁気によって、鳩の方向感覚を狂わせることを目的としたものです。確かに鳩には、地球の磁気をとらえて方角を知る能力が備わっています。とはいえ、磁気だけに頼って移動しているわけではなく、視覚も使って位置を把握しているため、磁石の効果は期待できません。

CDや吹き流しなどの光を反射するものを吊るす方法も、よく見かけるのではないでしょうか。風に揺れてキラキラと光り、鳩を怖がらせることを目的としたものです。こちらは多少の効果は見込めるようですが、一時的なものです。鳩は学習能力が高くすぐに慣れてしまうため、鳩対策として持続的に機能するものではありません。

天敵であるカラスの模型を設置するという方法をとる方もいるようですが、やはりこれもすぐに慣れてしまいます。飛ばない模型を置いておくと、死体と勘違いした別の鳥がやってきてしまうおそれもあるので、やめておいたほうがよいでしょう。

木酢液とニコチン、漂白剤を混ぜたものを散布する方法は、自作の忌避剤といったところでしょうか。しかし鳩が苦手なニオイであると同時に、人間にとっても不快なニオイです。ニコチンや漂白剤には毒性もありますし、安全性の面でもおすすめできません。

▼効果的な鳩駆除にはこのグッズ

鳩にスプレーは有効?手遅れを防ぐほんとうに効果的な鳩対策をご紹介

自分でもできる鳩対策のグッズには、一定の効果が期待できるものもあります。それぞれどんなものなのか、特徴や使用方法をご紹介しましょう。

防鳥ネット

ベランダなど、鳩が飛来するところに鳩よけのネットを張ります。入口を塞いでしまうことで、物理的に鳩の侵入を防ぐことができるのです。ただし、少しでも隙間があいているとそこから侵入されてしまうため、すみずみまできちんとネットで塞ぐ必要があります。また、景観が悪くなってしまうのも難点のひとつです。

剣山(スパイク)

鳩よけ用に作られた剣山があります。華道用の剣山とは違い、針が鳩を傷つけない素材や形でできており、ベランダの手すりなどに設置すると鳩がとまることを防げます。ただし、剣山をよけて飛来されないよう、鳩がとまるおそれのある場所すべてに設置しなければなりません。また、その場所に強く執着している場合、剣山の上に無理矢理とまることもあるようです。

ワイヤー

屋根やベランダなど鳩がとまりそうな場所に、防鳥ワイヤーやテグスを張ります。10cmほどの高さで水平に張ることで、鳩がとまるのを防ぎます。耐久性もあり、景観を損ねないことはよい点でしょう。ただし、ワイヤーの上は足場が不安定だというだけで、鳩がとまれなくなるわけではないため、強く執着している場所では効果を示さないことがあります。

▼【重要】鳩対策は段階によって選び分け!

鳩は本来、警戒心の強い生き物です。飛来してもすぐに住みつくわけではなく、巣をつくり、繁殖場所にするまでには、いくつかの段階があります。そして有効なはずの鳩対策のグッズも、使う時期を間違えてしまえば十分な効果を発揮できません。段階別の鳩の執着心の高さと、適したグッズをご説明します。

第1段階:休憩していたら

鳩が飛来するようになった最初の段階は、まだ警戒心が強く、執着心は低いです。滞在時間も短く、休憩をしに立ち寄っているだけの状態なので、フンや鳴き声の被害は小さいです。ここで適切な対策をとることが、被害の拡大を防ぐためには重要になってきます。

第1段階で有効な対策は、鳩用スプレーなどの忌避剤です。警戒心の強い最初のうちに繰り返し使うことで、居心地の悪い場所だと認識させることができます。剣山やワイヤーなども同様に有効です。

第2段階:待機していたら

休憩のために立ち寄っていた場所が居心地のよい場所だと鳩に判断されると、次の段階に移ります。滞在時間がのびて、エサや仲間を待つために長時間待機する場所になるのです。執着心は徐々に上がり、フンや鳴き声の被害も大きくなってくるでしょう。

第2段階でもまだ、鳩用スプレーや剣山、ワイヤーなどの対策は有効です。しかし、誤った使い方をして鳩に不快感を与えられなかった場合、鳩の警戒心はどんどん薄れていきます。

第3段階:ねぐらができていたら

待機場所も、安心できる場所だと認知されれば、今度はねぐらとして住みつかれてしまいます。昼夜問わず滞在するため、常に鳩の鳴き声に悩まされるようになり、フンの被害もとても大きくなっているはずです。この段階になると、鳩の警戒心は薄れ、執着心がかなり上がってしまっていることが考えられます。

第3段階になると、鳩用スプレーや剣山などの鳩よけグッズは意味を成しません。同じ忌避剤でも、ジェルタイプのものであれば有効でしょう。防鳥ネットを張るなどの、物理的な対策が必要になります。

第4段階:巣ができていたら

ねぐらができてもそのままにしておくと、鳩はやがて巣を作り、繁殖をはじめます。この段階での執着心は最高潮に高くなっているため、追い払うことは至難の業です。産卵や子育てのために常に鳩が滞在することとなり、フンや鳴き声の被害が耐え難いほどに拡大してしまいます。

ここまでくると、市販のグッズで素人が対策することはかなり難しいです。ジェルタイプの忌避剤や防鳥ネットを使用しても追い払えない場合には、プロの手を借りる必要があります。

そして、実際に鳩の被害に気づく方、対策をしようと動き出す方の多くは、被害状況が第3段階・第4段階に入ってからではないでしょうか。つまり、鳩用のスプレーは効果がないと言わざるを得ません。

▼意外に肝心!フンの掃除方法

鳩にスプレーは有効?手遅れを防ぐほんとうに効果的な鳩対策をご紹介

鳩に住みつかれてしまった場合、やはり一番気になるのはフンの被害でしょう。フンの掃除をきちんとおこなうことは、とても大切です。その理由と掃除方法についてご説明します。

掃除が大切な理由

鳩のフンは、ニオイや景観の面から掃除をしたほうがよいのはもちろんですが、鳩よけの対策としても重要なことです。フンをそのままにしておくと、鳩は自分たちのニオイのする場所を安全で居心地のよい場所だと判断してしまいます。

また、健康被害の危険性からも、掃除は早急におこなうべきだといえます。鳩のフンの中にはさまざまな病原菌が潜んでおり、感染症や食中毒、アレルギーを引き起こすおそれもあるのです。

【準備】掃除をする前に

たくさんの病原菌を含んだ鳩のフンは、掃除をするときにも注意が必要です。直接触れたり、乾燥して舞い上がった菌を吸い込んだりすることで、病気に感染してしまうおそれがあります。必ずゴム手袋やマスク、ゴーグルなどを身につけ、できればそのまま処分しても構わない古着などを着用しましょう。

風の強い日に作業をおこなうことは避ける、体力や免疫力が落ちている人のいる場所では掃除しない、などの配慮も必要です。

【手順】完全・安全な掃除方法

まずは乾燥したフンに少量のぬるま湯をかけて湿らせます。範囲が広い場合は、新聞紙にぬるま湯を含ませて覆いかぶせるとよいでしょう。

次に、フンが柔らかくなったら、キッチンペーパーや布切れなどで拭き取ります。拭き取ったものはすぐにゴミ袋に入れましょう。

フンが取り除けたら、アルコールスプレーや漂白剤などを吹きかけて消毒します。しっかりと拭き直しましょう。掃除する場所の材質によっては、変色や腐食を起こすことがあるので、消毒薬を使い分けてください。

掃除に使った新聞紙やマスク、手袋などもすぐにゴミ袋に入れ、袋の口をしっかりと結んで廃棄しましょう。

▼鳩駆除は業者に任せるのがベスト

鳩よけの対策も鳩のフンの掃除も、素人では難しかったり危険がともなったりと、簡単ではありません。休憩場所として立ち寄っただけの段階で追い払えればよいのですが、鳩の被害に気づいたときにはもう手遅れ……ということも珍しくないです。さらに、住みついてしまった鳩を駆除するには、法律上の問題にも注意が必要です。

鳩は法律で守られている

住宅などに被害を及ぼす鳩のほとんどが「土鳩(ドバト)」で、土鳩は「鳥獣保護法」という法律によって守られています。許可なく捕獲や殺傷をすることは禁止されており、追い払おうと傘などを振り回すことや、卵を移動することでさえも法律に違反してしまうのです。

鳩を傷つけてはいけないため、駆除の方法は限られます。そんな中、鳩の執着心が上がりきってしまえば、素人ができることはほとんどありません。巣を撤去したところで、強く執着した鳩はまた戻ってきてしまうでしょう。

鳩のフンには病原菌が多く潜んでいることはお話ししましたが、鳩自体もまた、多くの病原菌や寄生虫などを保有しています。鳩の滞在を許せば、感染症やアレルギーなどの被害にあってしまう危険性があるのです。

業者に任せると安心です

鳩被害の対策には、正しい知識が不可欠です。プロの業者に頼めば、知識と経験をもとに適切な対策をしてもらえます。防鳥ネットや鳩よけの剣山なども、使い方を誤れば効果が期待できないものです。プロにしっかりと設置してもらうことで、十分な効果を発揮できるでしょう。

また、対策グッズや忌避剤ではどうしようもなくなってしまったときには、捕獲の必要も出てくるかもしれません。鳥獣保護法によって守られている鳩は、基本的には捕獲や殺傷ができません。しかし、プロの業者であれば、許可申請をおこない、駆除できる場合もあるのです。

フンの掃除においても、高圧洗浄機などを有している業者もあり、徹底的にきれいにしてもらえます。安全かつ迅速な対処が期待できるため、自分でおこなうよりも安心です。

優良業者を選ぶポイント

数ある鳩駆除の業者の中で、安心して任せられる業者を選ぶために注目したいポイントがいくつかあります。

ひとつめのポイントは、法令を遵守しているか、という点です。許可なく罠を仕掛けたり、毒性のある忌避剤を使用したりすれば、鳥獣保護法に違反して1年以下の懲役または100万円以下の罰金に処されてしまいます。無茶な駆除をしていないか、許認可を得ているかを必ず確認しましょう。

ふたつめのポイントは、施工の前に説明や準備をしっかりとおこなってくれるか、ということです。鳩対策の施工によって、建物などに影響が出てしまうこともあります。納得いくまでていねいに説明をしてくれて、準備や配慮もきちんとしてくれる業者を選ぶとよいでしょう。

施工実績も業者選びのポイントになります。実績には、経験や技術が反映されているからです。自分と似たケースの対策実績が豊富であれば、より安心ですね。

施工後の保証にも注目してみてください。鳩は執着心が強く、一度追い払ってもまた戻ってきてしまうおそれがあります。そのため、アフターフォローをおこなっているかどうかが、その後の被害を防ぐためにとても重要になるのです。

▼まとめ

忌避剤である鳩用スプレーは、鳩の執着度が上がって被害が拡大してしまってからでは効果がありません。鳩用スプレーが有効である初期の段階でも、使い方を誤ってしまえば鳩を追い払うことはできないでしょう。

鳩の被害がどの段階に達しているのかを正しく見極め、スプレー以外の鳩よけグッズの使用も視野に入れて、一度対策を検討してみるのもよいかもしれません。

しかし、素人が完全な対策をおこなうことは困難です。プロに任せることが、鳩被害の解決への一番の近道といえるでしょう。衛生面の心配を解消するためにも、まずは相談してみることをおすすめします。

バックナンバー