» ドバトの生態を知って駆除に役立てよう!自分でできる撃退術や注意点 - 鳩対策駆除なび|鳩対策業者のご紹介&最大3社へ一括無料お見積り

フリーダイヤル 0120-949-461

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

スタッフ待機中

24時間365日、鳩駆除業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-461 携帯からのお問い合わせも可能!

鳩対策・駆除の厳選業者ご紹介はこちら

2019-7-26

ドバトの生態を知って駆除に役立てよう!自分でできる撃退術や注意点

ドバトの生態を知って駆除に役立てよう!自分でできる撃退術や注意点

 

私たちがよく見かける鳩は、カワラバトやドバトといいます。群れで行動し、巣に対して異常な執着心をもつ習性があります。そんな鳩に一度住みつかれてしまうと、なかなか追い出すことができません。もし鳩が寄り付いて困っているなら、早いうちに手を打つ必要があります。

なぜなら鳩の糞は、見た目が汚いだけでなく、人の体に悪影響を及ぼしかねない細菌を多く含んでいるからです。しかし、鳩を追い払うことは、なかなか簡単にはいきません。本コラムでは、カワラバトの生態やドバトの生態について、また追い払う方法をご紹介します。

▼ドバト(カワラバト)の生態

ドバトとは、街や公園などでよく見かける鳩で「カワラバト」「イエバト」とも呼ばれています。体長はおよそ35cmで、首が短く、胸が張っているのが特徴です。元は伝書鳩や鳩レース用に外国から持ち込まれ、野生化したといわれています。

ドバトは群れで行動する ドハトはつがいになったオスとメスで生涯添い遂げ、子どもや群れの鳩も大切にします。このように仲間に対してはとても友好的ですが、仲間ではない鳩に対してはとても攻撃的で、闘うこともあります。

ドバトがもつ帰巣本能とは ドバトには、強い帰巣本能があります。帰巣本能とは、巣から離れても迷うことなく戻ることができるという能力です。ドバトのもつ帰巣能力はとても強く、たとえ巣からおよそ500km~1,000km離れたとしても、迷うことなく巣に戻ることができます。

テリトリーへの執着がすごい ドバトは、テリトリー意識が高く、仲間以外の鳩にテリトリーをおかされてしまったら、闘って追い払います。そのうえ巣への執着心も強く、一度巣を作るとその場所から離れようとしません。たとえ巣を壊されたとしても、同じ場所に再び巣を作ります。もし鳩を追い払おうと、巣を取り壊したとしても、再び同じ場所に巣を作り、住み続けてしまいます。

強い繁殖力がある 鳩は1年に5~6回繁殖することができ、その1回につき1~2個の卵を産みます。住んでいる環境が良い場合は、年に5回ほど卵を産むこともあります。ドバトの寿命は、およそ10年です。10年間、こうした繁殖を繰り返します。そして生まれた子どもたちも、やがて成長して同じように繁殖します。こうしてどんどん数が増えてしまうのです。

ドバトの天敵は 鳩の天敵は、猫やカラス、タカやワシなどの猛禽類です。しかし都市部や住宅地では、主な天敵は猫やカラスとなります。しかしその天敵である猫やカラスも、人が出すゴミなどを食べることができるため、食料として鳩を襲うことはあまりないようです。そのため、人が具体的な対策を講じなければ、鳩は増え続ける一方という状況になっています。

▼ドバトは駆除しないと危険です……

ドバトは駆除しないと危険です……

平和の象徴とされている鳩ですが、糞や抜け落ちた羽毛は、見た目にも不潔です。そのうえ人に対して大きな害をもたらします。鳩の糞や羽毛が人に与える害についてご紹介します。

感染症にかかる可能性がある 鳩の糞には、多くの細菌が含まれています。その細菌の中には、サルモネラ菌やトキソプラズマ症、クリプトコックス症などの感染源となる細菌もあります。免疫力が低下している人は、特に感染する可能性が高くなるため注意が必要です。

アレルギー症状がでることも 鳩の糞だけでなく、巣などで抜け落ちた羽毛には、ダニや細菌が多く付着しています。それらの細菌は、アレルギー症状が引き起こすことが確認されています。もしベランダに巣がある場合は、早めに巣を駆除し、消毒したほうがいいでしょう。そして、再び鳩に巣を作らせないよう寄せ付けないための対策が必要です。

金属を腐食させる 鳩の糞には酸が含まれています。そのため、ベランダの手すりなどの金属部分に糞が付着している場合は、早めに掃除をしましょう。糞に含まれている酸が原因で、手すりなどの金属が腐食するおそれがあります。

▼【ドバト撃退術】自分でおこなう場合

鳩を寄せ付けないためには、便利なグッズがあります。鳩よけに役立つグッズをご紹介します。

鳩よけネット 鳩が侵入しないように張るネットです。簡単に設置することができます。どんなに小さくても隙間があれば鳩は侵入してしまうため、隙間なく設置することがポイントです。またマンションなどでは、管理会社に許可をとらなければならないことがあるため、事前に確認をしましょう。

テグス 釣り用のテグスを鳩に侵入して欲しくない場所に張ります。鳩が侵入しようとすると、鳩の体にテグスがふれるため、鳩が安全でないと判断します。その結果、侵入を防ぐことができるというものです。テグスは細く透明であるため、外観を損ねることがありません。しかしテグスの張る位置を間違うと、その隙間から鳩が侵入してしまうことがあります。

剣山 表面に柔らかい突起物のあるシートです。てすりなどに鳩がとまる場所に設置します。しかし突起物が柔らかすぎると、鳩は不快と感じることがありません。そして何事もないように剣山の上にとまってしまうことがあるため、柔らかすぎる剣山はやめましょう。これらの商品は、ホームセンターなどで購入することが可能です。

しかし、一旦寄り付かなくなったと安心していても再び鳩がやってくることがあります。それは、もつ帰巣本能やテリトリーへの執着が強いという習性があるからです。もし自身で対策が難しいと感じたら、早めに駆除をおこなう業者に相談してみましょう。

忌避剤 鳩が嫌う成分で作られた薬品です。鳩が頻繁にとまる場所や、鳩がとまらないで欲しい場所にあらかじめ塗っておくと、鳩が寄り付かなくなります。市販されているものには、固形タイプやスプレータイプなどがあるので、使いやすく場所にあったタイプを選びましょう。

しかし、これらは、あくまでも寄せ付けないためのものです。

すでに巣を作られてしまったあとでは、忌避剤での撃退はなかなか難しいでしょう。忌避剤を効果的に使用するには、巣を作られる前から日常的に使用することをおすすめします。

【注意】鳩を勝手に傷つけることはできない 日本には、野鳥を守るための鳥獣保護法という法律があります。この法律は、野鳥である鳩の殺傷だけではなく捕獲や採取することも禁じています。そのため、鳩に危害を加えることは絶対にしてはいけません。自身で鳩よけ対策をおこなうときは、特に注意しましょう。

【ドバト撃退術】業者に依頼する場合

【ドバト撃退術】業者に依頼する場合

短時間だけ鳩がやってくるのであれば、まだ鳩の住処になっておらず、住処にできるかどうかという安全を確認している最中です。こういった場合なら自身で鳩よけ対策をすることが可能です。しかし鳩よけの対策をしたとしても、ほんの少しの隙間があれば、鳩は侵入してしまいます。

すでに巣を作っていたり、決まった時間に訪れ、長時間滞在したりしている場合は、もう自身で対策をとるのは不可能といってもいいでしょう。そのまま住み着かれないためには、早めに駆除をしてくれる業者に相談しましょう。業者に依頼すれば、確実に駆除をすることができ、再発を防ぐことができます。

良い業者の選び方 まずは、複数の業者から見積りをとりましょう。見積りにわかりづらいことがある場合は、納得するまで業者に聞いてみることが大切です。また、実績数が多い業者のほうをおすすめします。なぜなら実績数が多いほど経験が豊かだといえるからです。駆除後に鳩が来た場合の対応など、アフターフォローについても確認するとよいでしょう。

▼まとめ

ドバトは、帰巣本能が非常に強く、テリトリー意識が強いという習性があります。この習性のため、一度住処にされると、なかなか追い出すことは難しいです。しかし鳩の糞や羽毛は、とても危険です。そのため、早急に鳩が寄り付かない対策をとることが大切です。自身で対策をおこなうことも可能ですが、住処にされたあとならもう手遅れでしょう。

早めに業者に駆除を依頼したほうが確実です。駆除する業者を選ぶ際は、数社から見積りをとり、アフターフォローや実績数を参考にするとよいでしょう。

バックナンバー