» 鳩のひながベランダに!成長する流れ・糞の被害・今後の対策について - 鳩対策駆除なび|鳩対策業者のご紹介&最大3社へ一括無料お見積り

フリーダイヤル 0120-949-461

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

スタッフ待機中

24時間365日、鳩駆除業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-461 携帯からのお問い合わせも可能!

鳩対策・駆除の厳選業者ご紹介はこちら

2019-10-24

鳩のひながベランダに!成長する流れ・糞の被害・今後の対策について

鳩のひながベランダに!成長する流れ・糞の被害・今後の対策について

ベランダに鳩のひながいたとしても、勝手に駆除をすることができません。なぜなら、鳩もひなも鳥獣保護法という法律で守られており、駆除が禁止されているからです。もし、ベランダで鳩のひなを見つけた場合には、巣立っていくまで見守るしかないのです。

しかし、鳩のひなが再びベランダに戻ってこないように対策をとることは可能です。この記事では、ベランダに鳩のひながいるときにできる対策や、鳩のひなが成長したときに受ける被害をご紹介していきます。あわせて、鳩のひなが巣立ったあとの対策法に関してもご紹介していきますので、参考にしてください。それでは見ていきましょう。

ベランダに鳩のひながいるときにできること

“鳩のひながベランダにいる”このような状況になったら、「鳩のひなは飼育できるのだろうか?」とお考えになる方もいらっしゃるかと思います。この項目では、鳩の飼育について、また鳩のひなが巣立っていくまでの流れをご紹介していきます。

鳩をそのまま飼育することはできる?

冒頭でも触れたように、鳩は「鳥獣保護法」という法律で守られています。そのため、鳩を捕獲、飼育するには許可が必要になります。そのため野生の鳩を飼育するのは現実的ではありませんが、ペットショップで鳩が売られているケースもあります。鳩を飼いたいと思ったら、野生の鳩でなく、売られている鳩を飼育するようにしましょう。

鳩のひなが巣立つまでの流れ

鳩は卵が巣に産み落とされてから、およそ2週間で孵化(ふか)します。そして、そこからさらに2週間~3週間ほどかけて成長し、巣立っていきます。

次の項目では、鳩の被害として代表的な “糞害”についてご紹介していきます。

鳩が成長したら「糞」の被害に注意しよう!

鳩が成長したら「糞」の被害に注意しよう!

鳩のひなが成長したら、糞害に悩まされることになります。鳩の糞によって健康に被害を与えるケースもありますので、放置していてはいけません。正しい掃除方法や鳩の糞掃除に抵抗を感じる場合の対処法をご紹介していきます。

鳩の糞を掃除する方法

前述のとおり、鳩の糞は悪臭に悩まされるだけでなく、健康に悪影響を及ぼすおそれもあります。糞が乾くと、空気中に粉末状になった糞が舞います。その粉末状になった糞を吸い込んでしまうことによって、肺炎になってしまったり、ぜんそくになってしまったりします。そのため、鳩の糞を掃除する際にも“いかに空気中に糞を舞わせないか”が重要になってきます。ここからは鳩の糞を掃除する手順をご紹介していきます。

  • 〇用意するもの
  • ・ゴム手袋
  • ・マスク
  • ・キッチンペーパー
  • ・新聞紙
  • ・水、またはぬるま湯
  • ・エタノールスプレー
  • ・ゴミ袋
〇掃除手順

1.糞の上に水、またはぬるま湯をかける この工程をおこなうことによって乾いた糞をふやかし、拭き取りやすくします。粉末状になった糞が舞うこともなくなります。しっかり全体に水かぬるま湯をかけ、十分にふやかしましょう。

2.キッチンペーパーで拭き取る 拭き取る際に衣服や身体に糞が付着するおそれがあるので、ゴム手袋を着用してからキッチンペーパーで拭き取るようにしましょう。

3.使用したキッチンペーパーをゴミ袋に入れる 糞を拭き取ったあとのキッチンペーパーは、必ずすぐにゴミ袋に入れるようにしましょう。せっかくふやかして柔らかくなった糞も、また乾燥してしまえば粉末が舞ってしまうようになります。乾燥した糞を吸い込んでしまわないためにも、すぐにゴミ袋に入れるようにしましょう。

4.エタノールスプレーで消毒する キッチンペーパーで拭き取ったあとは、もともと糞がこびりついていた場所にエタノールスプレーを噴射します。糞にはさまざまな雑菌がついており、糞を拭き取っても菌が残っている場合があるため、消毒する必要があるのです。噴射し終えたら、再度キッチンペーパーを使用して、拭き上げましょう。

続いて、このような糞の掃除に抵抗がある場合や、糞による被害が広範囲すぎて手に負えない場合の対処法をご紹介していきます。

鳩の糞掃除に抵抗がある場合は?

先ほどの項目でご紹介した糞の掃除ですが、衛生的にも精神的にも、抵抗を感じるという方も少なくないと思います。そのような場合には業者に依頼するのがおすすめです。鳩の糞掃除で業者を利用するメリットを確認していきましょう。

  • ・不快な糞を見続けなくて済む
  • ・掃除に必要な道具を集める必要がない
  • ・現状を伝えるだけでお任せできるため、手間や負担がかからない

鳩の習性上、糞が落ちていると自分の縄張りである安心感を覚え、何度も何度も同じ場所にくるようになります。そのため、鳩の糞は一度掃除をしても継続しなければ意味がありません。業者を利用することで、鳩の糞掃除だけでなく、鳩が寄りつかないようにするための対策もしてくれるのでおすすめです。詳しい鳩の習性に関しては次の項目で触れていきたいと思います。

鳩が巣立っても油断禁物!しつこい鳩の対策法

鳩には帰巣本能が備わっています。そのため、鳩のひなが巣立ったあとにはすぐ鳩がベランダに寄りつかないように対策をとらなければなりません。ここからは、鳩の習性にもとづいた、寄りつかせないための3つの鳩対策をご紹介していきます。

鳩は同じ場所に戻ってくる?

鳩は、一度巣を作ったところや糞をした場所を縄張りとして記憶します。そのため、一度クリーンな状態になったとしても、再度産卵されてしまう可能性が高いのです。

ここからは、鳩の再来を防ぐための鳩対策グッズを2種類ご紹介していきます。

鳩対策1.鳥よけネットを設置する

鳥よけネットを使用することによって、ベランダなどの敷地内に入ることを妨げられます。とはいえ、なかには「ベランダなどの人の目に入りやすい場所には目立つものの設置はしたくない」とお考えの方もいらっしゃるかと思います。

しかし、一口に“鳥よけネット”といってもさまざまな種類があります。なかには紐が細く、目立たないタイプのネットもあります。外観重視、かつ鳩よけ対策も万全にしたいという方は、そういったタイプを選ぶようにしましょう。

鳩対策2.忌避剤を設置する

鳩対策のための忌避剤を設置する方法もあります。鳩はハーブを苦手とするため、ハーブの香りなどがするものを設置することで寄りつきにくくなるのです。

忌避剤には、スプレータイプ、ジェルタイプ、固形タイプといった種類があります。それぞれがもつ特徴を簡単にご紹介しますので、購入する際の参考にしてください。

1.スプレータイプ 天然成分でできたハーブ系のスプレーを選べば、万が一使用する際に吸い込んでしまっても心配いりません。手軽に使用することができますが、においが消えてしまうと効果が薄まりますので、定期的に噴射する必要があります。

2.ジェルタイプ ジェルタイプの忌避剤なら、においだけでなく仕掛けた場所に鳩がとまった際、不快感を与えることができます。しかし、雨風にさらされる場所で使用すると流されてしまうおそれがあります。場所を工夫したり、定期的に設置したりする必要があります。

3.固形タイプ 固形タイプの忌避剤を一定間隔で何個か設置すれば、鳩が嫌がるにおいが広範囲に広がり、より高い効果を得られます。ただし、ジェルタイプ同様濡れてしまうと効果が薄まってしまいますので、設置する際には工夫が必要になります。

一度住み着いた鳩の対策は難しい……

鳩がベランダに棲みつく前の段階でなら効果を得られる対策方法でも、鳩に気に入られてしまった場合には十分な効果を発揮できない可能性もあります。ここでは、鳥よけネットと忌避剤以外の鳩対策グッズをご紹介していきます。

〇電気ショック 設置した場所に鳩がとまることによって電流が流れます。そうすることによって鳩が驚き、寄りつかなくなるのです。電気を使用するため、ほかの対策グッズと比較すると値が張りますが、効果は十分に期待できます。

〇剣山 剣山を設置することで鳩が寄り付かないようにする方法です。剣山には金属製と樹脂製、2つの種類があります。樹脂製は安価で軽量なため扱いやすいですが、鳩に対する効果や耐久性では金属製に劣ります。

より効果を高めたい場合は金属製でできた剣山を使用するようにしましょう。また針が硬く細いため、樹脂製のものよりも高い効果が期待できます。金属製の剣山を購入する際には、雨風にさらされてもさびる心配のない、ステンレス製を選ぶようにしましょう。

本格的な鳩対策はプロに相談してみよう!

鳩対策と一口にいってもさまざまな種類がありますので、どれがもっとも現状に合った対策方法なのかわからない場合もあるかと思います。そのような場合には、プロの業者に相談してみましょう。

業者に鳩対策について依頼すれば、どのような状況であるかを現地調査で確認してもらうことが可能です。その際は複数社で見積りをとりましょう。費用を比較して納得できる業者を探すことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。鳩は鳥獣保護法によって守られているため、鳩のひながベランダに棲みついてしまった場合でも、勝手に飼育をしたり駆除をしたりしてはいけません。

しかし、鳩がベランダにいる状況を放置しておくと、健康に害を及ぼすおそれのある糞害に頭を悩ませることになります。そのため、鳩のひなが巣立っていくのを確認したら、早急に糞の掃除をし、寄りつかせないための対策をとるようにしましょう。

鳩の糞を掃除することに抵抗があったり、適切な対策をすることが難しかったりした場合には、弊社にご相談ください。弊社は24時間365日お客様からのお問い合わせに対応可能です。相談やお見積りは無料となっておりますので、ぜひ一度ご利用ください。

バックナンバー